先日卒業した学生インターンの1ヶ月のプログラムに参加しての感想をお届けします。
つづいては瀬戸涼風(すず)さん【写真中央】の感想です。

—-

先日まで学生インターンシップとして参加させていただいていました、すずです!

この夏、コモンビートで学生インターンをして本当によかったです!ミュージカル東京公演の舞台裏や練習風景、本番前の空気など、インターンをしなければできない貴重な体験をさせていただきました。これらは公演を観るだけでは出来ない体験で、大きなことから小さなことまで色々なことに感動しました。

ミュージカル練習や東京公演を観る前までは、「大人が泣くほど本気になるミュージカルってどういうことなの?そんなことあるの?」「全国からボランティアがしたいって集まってくるって、仕事があるのに?自腹なのに?」と(なんで?どうして?)って、内心、不思議に思う気持ちがありました。

しかし、東京公演にウェルカムキャストとして参加した後は、「すごい!楽しい!関われること、サポート出来ることが嬉しい!元気が出る!」って、もうびっくりするくらいキラキラした気持ちで一杯になり、コモンビートのために全国から人が集まってくる理由が分かった気がしました。

公演の度にライトがついて幕が上がる前から鳥肌が止まらないし、全公演を鑑賞したのに全然足りなくて、もっともっとみなさん一人ひとりを観ていたいし、幕が降りた後も続く感動の余韻と、終わってしまった寂しさ、そしてすぐにでも次の舞台が観たいという気持ち。様々な思いがこみ上げてきました。

コモンビートに関わっているみなさんを見ていて、全身全霊で伝えようとしていること、より良いものを届けようとしている思いがすごく伝わってきました。大人がここまで本気になるなんて、思ってもいませんでした。

大人ってもっと不自由なものかと思っていました。辛くて、楽しくないものかと思いっていました。進む道が決まっているものかと思っていました。クールでスカしてるものかと思っていました(笑)。

でも違いました。

思っていたよりずっと自由で、楽しそうで、頑張っていて、本気でかっこいい人たちした。

私自身も今後もウェルカムキャストやキャストとして、コモンビートに関わり続けたいという思いがより一層強くなりました。
将来に対する悩みとか、考えていたものがすごく変わりました。本当に参加してよかったと思っています。

本当にみなさんありがとうございました!!そしてこれからもよろしくお願いします!

瀬田涼風(すず)