企業研修中間支援講座出張授業お問い合わせ

ミュージカルプログラム

やりたい気持ちが参加資格!「違い」を育てる共育プログラム!

団体設立当初から展開しているコモンビートのメインプログラムです。年齢・職業・性別・国籍など、異なるバックグラウンドをもつキャストを市民から公募し、異文化理解をテーマとしたミュージカル「A COMMON BEAT」をつくります。多様な考えをもつ人たちと、ひとつの目標に向かって一緒に歩む過程で、自然と互いの個性を認めあう方法を育み合っていきます。

100人100日100通り!年齢や職業の異なるカラフルな仲間たち

カラフルな仲間たち

一緒にミュージカルをつくる仲間は本当に多様です。18歳以上の学生や社会人が「やりたい気持ち」だけで集まってくるからです。年齢層は20〜30代が大部分を占めますが、40代以上の参加者もいます。最年長記録は91歳!年齢という幅も多様です。職業で多いのは会社員ですが、業種や職種は本当に多様。公務員も役所職員・教師・警察官・消防士・自衛官など様々です。100通りの生き方を持つ人たちと、100人で100日間を過ごすのは、なかなかできない体験です。

みんなでつくるのは「異文化理解の大切さ」を伝えるミュージカル!

ミュージカル A COMMON BEAT

アメリカのNPO団体”Up with People“が2000年に製作した作品です。「異文化理解の大切さ」を伝える内容で、物語のあらすじは以下のようになります。この作品をコモンビートで日本語化し、オリジナルの演出を加えて上演しています。コモンビートではこの作品のみを上演し続けています。全国各地に同じ歌を歌える仲間とつながり合うことができます。

舞台で描かれる「世界」は、様々な文化の特徴を持った四つの大陸で成り立っています。人々は互いに他の大陸の存在を知らずに、独自の文化に根ざした彩り豊かな歌や踊りを楽しんでいました。しかしあるとき、一人が他の大陸の存在に気が付いて…
文化やバックグラウンドが違っても、私たち人間は理解し合い、共存することができるのでしょうか。私たちをつなぐひとつの鼓動、「A COMMON BEAT」を見つけることはできるのでしょうか。

たったの100日で大舞台にあがる。多くの人に観てもらうために会場も自分たちでつくる。

ミュージカル A COMMON BEAT

みんなでつくりあげた作品を多くの人に届けてこそ、社会に価値が伝わります。有名アーティストも利用するような1000〜1500名収容の大ホールで、ミュージカルを上演します。これだけの規模のホールのステージで自分を表現する経験は、これからの人生を豊かにすること間違いなし!お金をいただいてショーをするということは、中途半端なものは見せられません。作品づくりの努力をしながらも1枚3,500円(税込)のチケットをみんなで一緒に販売して、満席を目指します!

日本全国から海外にも!どんどんひろがり、仲間とつながる!

ミュージカル活動地図

東京から始まったミュージカルプログラムが日本全国に広がりを見せています。2004年からの活動でキャスト数は6,500名、観客動員数は22万人を突破しました!関東(東京・群馬)、中部(愛知・福井・岐阜・新潟・静岡)、関西(大阪)、東北(宮城・秋田)、九州(福岡・鹿児島)、四国(愛媛)そして韓国(ソウル)でも活動中。これは一度ミュージカルプログラムに参加したキャストが「地元でも開催したい」と声をあげ、立ち上があっています。