20th_120618-2_title.jpg公演もいよいよ間近
公演前最後の突撃インタビュー第16弾
今回は、天然っぷりが素敵な緑大陸の松岡修造さん!?
平木愛美(まな)さんにインタビューしました

では、自己紹介からお願いします
★年齢は?
30歳!
4月が誕生日ですが、プレゼントは、誕生日から前後6か月受付中ですよ♪
★何をしている人?
保健師という職種で仕事してます。
★夢は?
行きたい世界遺産があるので、そこに訪れて体中で感じて感動すること!
気球に乗りながらのカッパドキアなんて、
想像しただけで鼻から血がでそうです!
あと、こうみえて、ダイバーなので、ガラパゴスの海に潜って、自然や地球の偉大さと小さな自分を思いっきり感じてみたいです。
行きたいところの羅列になっちゃいました(笑)
あ、こんな行きたいところの旅雑誌を広げてみてるときに
『いいね~っ』って言ってくれるような運命の人に会いたい!
これが夢かもしれません(笑)
☆そんな冒険心たっぷりの運命の人…。
コモンビートにいっぱいいそうですね(笑)

20th_120618-2_1.jpg
では、次にコモンビートとの出会いから聞いていきましょう
★コモンビートに参加したきっかけは?
20期青大陸の高木優子(ゆこ)さんから体験会を紹介していただきました♪
2回目と3回目に行って、そのとき私の仕事が異動発表前で迷ってたんですが、
3回目のときに
『やってみて、できなくなりそうになったらできる方法を一緒に考えればいいよ』
って言われたのが大きなきっかけです。

★初めのころと、今で心境の変化はありますか?

他のみんなも話してることかもしれませんが、私も集中力があがりました。
私は良くも悪くもウソを隠しきることができず、
練習中でも表現するより緊張や不安が大きければそんな顔になってしまいます。
でも、最近になってやっと自然に笑顔になれるので、
きっとコモンビートの世界に集中できるようになったからだと思います。
また、この100日間という限られた時間全体を通して、
今日を大切にしたいな、と思うようになりました。
常に100%はできることではないけど、そう思えるようになった自分がうれしいです。
今後につなげたい気持ちです。
★練習で、一番楽しかったことはなんですか?
練習以外のいろんなワークショップは、本当に楽しく学びが深いものでした。
でもいちばんコレ!と思うのは、大陸別の合宿です。
緑大陸の藤原結(ゆい)さんから学んだ
『遠慮は愛のない行為』
をみんなで共有して、充実した思い出深い練習になりました。
私にとってはこれをきっかけに練習がより楽しくなりました。
☆この練習から、緑テーマみんなのスイッチがONになったよね
まなが毎日通勤前に練習してるの、ほんとに尊敬してます♪
見違えるように気品あふれるダンスになったよ!!

20th_120618-2_2.jpg
★逆に、一番苦労したことはなんですか?
今も課題ですが、みんな私に必ずフィードバックしてくれる一方で、
私からみんなへのフィードバックがなかなかできず…。
あとは、ダンス、姿勢。
今も川西麻未(ぎん)に背中をたたかれるけど、
はじめよりマシなときがふえてきました!
いつも見てくれているぎんはじめ、
仲間がいたから意識できたことです。
☆舞台に出る前に背中にバシッと気合い入れると、
舞台でずっと姿勢を意識できていいって聞いたことがあってね…(笑)
本番前も、一緒に気合い入れ合おう♪

20th_120618-2_3.jpg
★この作品の好きなところはどこですか?
私は、DVDで一部をみたことはあるんですが、全てをみたことがありません。
でも、他の地域やずっと受け継がれてきたもので、今のキャストでもあるスタッフのみなさんの
はかり知れない大変さはもちろん、応援に来てくれるUP団や裏方のブラックスピリットをはじめ、今までの歴史や多くの人の力を合わせてやるところが魅力的だな、と思います。
本当に感謝と伝えていただいたことを大切にしながら公演を楽しむという責任とか、
いろんなことを感じながらできることが幸せで、とても大好きです。
★本番まであとわずか!今の気持ちは?
私は、全通しがはじまったばかりのとき、緊張や不安が大きかったんですが、
今は不思議とわくわくどきどきした楽しみな気持ちです。
思いっきり笑って、思いっきり怒って、思いっきり悲しんで、
みにきてくださる方が同じ気持ちになっていただけるくらい楽しみたいと思います。
★最後にお客様にメッセージをおねがいします
貴重な時間を公演にいただいてありがとうございます!
ぜひ、キャストの一人、コモンビートの世界の住人の一人になっていただいて、
一緒に楽しんでいただけるとうれしいです。
そうなるくらいに、私たちも楽しみながらがんばります!
20th_120618-2_4.jpg
まなさん、ありがとうございました