日本と韓国、そして北朝鮮。
話題がつきない昨今ですが、ハザマで住む人たちはどのような視点で見ているのでしょうか。

在韓歴20年の工藤千秋さんは、韓国人の旦那さんと家族をつくり、韓国で日本語教師や数々のボランティア活動をしています。
コモンビート発起人で、日本で生まれ育った在日韓国人の韓朱仙(チュソン)は、北朝鮮や韓国に複数回訪れた経験があります。

この二人がざっくばらんに歴史、政治、文化…色々な話を「市民の視点」で語ります。参加者のみなさんと一緒に色々な思いや疑問を共有する時間をつくります。

日朝韓の見方が少し変わるかも!?ぜひご参加ください。

<イベント概要>

■日時
2016年1月29日(金) 19:30~21:30

■場所
コモンビート事務所
・東急田園都市線「三軒茶屋駅」より徒歩5分

■参加対象
・コモンビート会員とそのお友達

■参加費
一般の方:1,000円(税込)
会員の方:500円(税込)

■定員
20名

■お申込方法
メールでお申込ください

宛先:asianbeat@commonbeat.org
件名:日韓企画
本文:お名前

■締切
1月28日(木)

<お問い合わせ>
NPO法人コモンビート 事務局
アジアンビートプロジェクト
担当:韓朱仙(チュソン)
asianbeat@commonbeat.org

> アジアンビートプロジェクトについてはこちらから