17th_oioi.jpg
第17期 稲妻シャカリキーズ
チーフディレクターの中島弘貴(おいおい)です。
全国のみなさん。
いつも応援していただきまして、本当にありがとうございました。
先日無事、17期公演を大成功のもと、終えることができました。

今僕の胸にあるのは、
舞台の上に立っていた、キャストのみんな。
100日間、精神誠意駆け抜けてきたスタッフ。
観にきていただいたGキャスト(注釈)のみなさん。
キャストを最高に輝かせてくれた、技術スタッフさん。
当日の2日間Gキャストのみなさんに、最高のおもてなしをしてくれた
ウェルカムキャスト(※2)のみんな。
その他にも、会場に、来れなかったけど、応援パワーを送ってくれたみんな。
そして、17期に関わってくれたすべての人への、感謝の気持ちです。
こうやって、公演を無事に終えることができたこと、公演を成功させることができたことは、
当たり前のことではなく、本当に、17期を支えてくれた、関わってくれた、
すべての人がいてこそだと思っています。
本当に、ありがとうございました。
そして、今回公演という1つのゴールを迎えましたが、これは、ゴールであり、
新たなスタートだと思ってます。
本当に大切なのは、100日間のプログラムではなく、101日目からの新しい一歩だと思ってます。
キャスト・スタッフ一同、この100日間を通じて、いろんな学び、成長がありました。
そして、101日目から、17期1人1人がそれぞれの道で、新たな一歩を踏み出します。
これからも、お互いに切磋琢磨し、お互いに輝いて行きたいと思います。
最後に、
これまで、17期に関わってくださったみなさん、本当にありがとうございました。
そして、これからも、新たなスタートを踏み出した17期のみんなを、
これからも応援していただければと思います。
※1:コモンビートを観に来てくれるお客様を、一緒に舞台を作り上げる参加者と考え、「ゲストキャスト(通称Gキャスト)」と呼ぶ。
※2 ウェルカムキャスト:Gキャスト(お客様)を迎える当日の運営スタッフ。
  Gキャストのみなさんを温かい気持ちでコモンビートの世界へといざなう大切な存在。