16th_0815-1.top.jpg.jpg
16期スタッフの東純司(ジュン)です。
最初から最後までできるシーンをすべて通してみることをやってみました。
全部を通してみると今の現状とかすべてが見えてくる。
そんなキャストの『今』を聞いてみました。

☆全通しをしてみての感想
悔しい。。。何ができたのか、努力してきたことどれくらい出せたのか。。。
何もできてない気がします。
「焦る!!」という気持ちと「更に努力あるのみ」と思いました。チュソンも言ってたけど
「幹を常に心」に16期のよさを前面に出せるように。
色々と思いは広がって、考えることも増えるけど何よりシンプルに精一杯楽しむこと、
がむしゃらでいること、最後まで努力で!!と再スタートしたいという思いが強くなりました。
(25歳女性 会社員)
できないところが多すぎてへこみました。どうしようというところが自分の率直な感想です。
しかーし、ピンチはチャンスの精神で頑張ります。
(22歳女性 福祉職)
できるシーンが増えるってこんなに楽しいのか!と思った。
明石合宿の前半通しで感じたモヤモヤが少し減った。
でも、正直余裕が泣くこれであっているのかな。。。と不安からくる中途半端さが出てしまった。
楽しさと満足度が比例していけばいいな。
(24歳女性 会社員)
戦争やリバースのシーンをしてからやると、やっぱり気持ち、発信力がちがうなぁと感じた。
あと、90分間の長い時間保たせる集中力を養う必要があると感じました。
前途押しできたこと、舞台セットがあったことで本番というものが少し見えてきたし、
すごく活力出るきっかけとなったと思います。
(24歳女性 営業)
なかなかどうしてついていけてない。特に「私この次の出番何だっけ?」と
考えちゃったりしていた。でも、本当に楽しい。しんどいし、
感情的になることもいっぱいあるけどすごく楽しい。
全通しをして今まで作ってきた部品がちょっとずつ組み立てていけてるよう気がしてうれしい
(20代女性 非常勤講師)
自分だけを見てみたら、ぜんぜん動けてないし、まだまだだめなところばっかりやけど、
なんかムネにグッ!!と来るものがあった。
みんなで創ってる感がよかったからか理由はわからないけどすごく創れてる感を味わえた。
(27歳女性 会社員)
舞台装置が立派で、今から周りが本格的、いや、本格な物を使わせて頂いて、
準備して頂いて、ありがたいなと感謝と伝統を感じました。
皆も後半の担当シーンが決定して、作品全体を創り上げている意識が強くなったと思います。
この先はぐいぐい伸びていく皆に遅れをとらないように頑張らないと!!と思いました。
(40代女性 会社員)
16th_0815-1.1.jpg.jpg 16th_0815-1.2.jpg.jpg
※(年齢・性別・職業)を記載しています。
レポート:東純司(ジュン)