こんにちは!!
中部のピノ(内藤小百合)です!

とっても濃密なタイツアー7日間の旅から帰ってきました!!

東北、東京、中部、関西、九州の5地域から集まり、
自分の地域以外はほとんど初めましてのメンバーばかりでしたが・・・

帰る時には寂しくてしょうがなくて別れを惜しむくらい、仲良くなってきましたよ!!

タイのチュラロンコン大学の学生さん、先生方。
髙橋さん、相馬さん始めOCAの方々。
ブラダボス財団の方々。
ダーンロムサイの名取さん、谷岡夫妻。

そして、笑顔が眩しい子供たち

通訳に一緒にまわって旅を共にしてくれたプロイとピサさん、
ツアー全般いっしょに回って楽しませてくれたジェット。

たくさんの人に出会い
温かさをとても感じられた旅でした。

実は不安でしょうがなかったのですが
私たちの地域別の合体技パフォーマンスショー・・・。

※中部組は自分たちで「LINE」をテーマに
寸劇を作り、披露しました。

IMG_9586

さすがは我らがチュソンのハンドリングにて
見事に!!!!大成功でした!!!

チュラロンコン大学
プラダボス財団
バーンロムサイ

と、3つの場所で公演させてもらいましたが
みーなさんに大好評をもらえました!

やっぱり音楽は
ミュージカルは

言葉を国境を越えるんだ!!!

コモンビートの世界をリアルに体感できた素敵なひとときでした!!

また、涙もたくさん出た旅でした。

チュラロンコン大学の学生さんは
本当に温かいおもてなしをしてくれて
別れる時には手紙もくれて
めっちゃめっちゃ嬉し涙が止まりませんでした。

1465336_10200727974753057_1097681844_n
バーンロムサイの子供たち。

過酷な宿命さを知った時、HIVの薬ができるまでの地獄を知った時、
何もできない、何も知らなかった自分への悔し涙が止まらなかった。

※写真はこどもたちが一日2回飲んでいる薬
529514_10201649439212038_1428092751_n

たくさんの涙を流して、流して
気づいたことは

ここで学んだことを
得たことを

今度は自分がたくさんの人に
繋いでいくということ。

たくさんの「ありがとう」をつないでいき、
自分のできる一歩一歩を進んでいきたい。

自分の住んでいる国以外に
会いたい人たちがいるという素晴らしさ!!!

出逢った人たちみーんなに
コップンカーー!!!

 

※バーンロムサイのHPに掲載されています。
http://www.banromsai.jp/photo_diary/?page_id=10388