企業研修中間支援講座出張授業お問い合わせ

学生インターンシッププログラム Vol.1 ドキドキ学生顔合わせ 「入学式」

国際交流事業部の、中林信人(のぶを)です。この春から、コモンビートではインターンシップ・プログラムを実施しています。大学生を迎え、約4ヶ月間のコモンビートでの業務体験やディスカッションを通して、「NPOで働くこととは?」「キャリアってどうやって築くの?」といったことに向き合い、学んでもらうことが狙いです。

去る5月15日、ドキドキの面談を経てインターンとなった4名が、初めて顔を合わせました。
インターンのうち3人は今年2月から3月にかけて実施された国際交流プログラム「Jump in 週末留学 2021 Spring」の参加者。残りの1人は、なんとコモンビートのことを全く知らずにWebサイトの情報からインターンシップに申し込んできた、大学生です。

この日は、団体としてのコモンビートや理念の説明が行われ、学生たちはインターンシップで目標にしたいことを考えました。緊張と期待に満ちた彼らの眼差しに、こちらも気が引き締まる思いでした。

一方、学生たちと一緒にキャリアについて考える役割を担う4名の「社会人メンター」も別のタイミングで集まり、プログラムに取り組むにあたっての意識をすり合わせました。メンターとなるのは、いずれも国際的なフィールドで活躍されている方ばかり。国際交流事業部で迎えたインターンの4人にとっては、この上なく理想的なメンターです。

そして6月5日、全員が一堂に会し、インターンとメンターの組み合わせの発表が行われました。コモンビートらしくユーモアに満ちた演出付きの発表に、一同爆笑。それに続き、この日はキャリアについて学び考えるプログラム「JOB BEAT」を実施。ファシリテーションを担当するのは、過去のインターンシッププログラムでも関わってくれた、奥村広哉(こーや)さん。彼が語るキャリアについての話に、インターンたちは深く頷いていました。

今後インターンが主に取り組むのは、8月に開催される国際交流プログラム「Jump in 週末留学」です。すでに準備は始まっており、4名は運営スタッフとともにミーティングに参加しています。積極的に発言する姿に頼もしさを感じています。彼らなりの感性で、成長していってほしいと思います。

次回は、このインターンシップに集まった魅力的なインターンとメンターの面々を紹介していきます!

 

Jump in 週末留学についてはこちら:https://commonbeat.org/program/jumpin/
Jump in 週末留学 スチューデント募集中!:https://commonbeat.org/program/jumpin/student/