お祭りビックバンプロジェクトでチームを結成し、7月28日(金)に愛知県一宮市で開催された「一宮七夕まつり」のダンスイベントである「ワッショ―いちのみや」に参加してきました!

このイベントではオリジナルのテーマ曲に合わせて、チームごとにオリジナルの衣装・振付でダンスをつくり商店街をパレードして、一宮七夕まつりを盛り上げるというもの。昨年もコモンビートでこのお祭りに出演し、見事金賞をいただきました!今年は鹿児島から東京、更に更にアメリカからお仕事で日本にきてる方など、住んでる場所も国籍も様々なメンバーが35名が集まりました!

練習を重ねて、お祭り当日は、沿道にいる沢山のお客様と一体になり、一緒にお祭りをつくりあげることができました!!
そして、とても光栄なことに、昨年に引き続き今年も【金賞】を受賞し、2連覇を達成しました!

キャストの感想を紹介します!

【のえりか(名古屋)】
まさかの2連覇!!あの審査結果発表時のどきどきそわそわは忘れらない!一宮を湧かせる!と思って本番を楽しみましたが、一宮の方は本当に優しくてノリがよくて!!一宮の皆さんから逆に元気をもらいました。楽しかったな~…そんな余韻がしばらくあります。
素敵なメンバーで今回も参加できて本当よかった!!!

【しげお(大阪)】
関西から参加しましたが、一宮の良さがぎゅっと感じられた、良い晩でした!地元の方々の受け入れ力とあったかみのおかげで、あっという間に一宮が好きになるような一夏のイカした思い出ができました!

【Dan&shannon(アメリカ)】
Ever since seeing yosakoi dancing at a festival, Shannon and I have wanted to participate in an event. We have always loved Japanese culture and how rich and meaningful Japanese celebrations are. To be able to join a team and participate in such a large festival as the Ichinomiya Tanabata Matsuri was a dream come true! Even more, we were blessed with joining the best team because it’s high energy and love.
The Common Beat team truly earns its name, as all of the members welcomed us like family, sharing one heart and one voice. We danced together for more than 30 minutes in the summer evening heat, fueled by the passion of this amazing team and the energy of the audience.
Grandmothers and grandfathers gave us ‘high-fives’, teenagers danced and shouted ‘gyun gyun!’ with us, and little children laughed and waved as we interacted with them. We know that through the power of the Common Beat spirit, we have positively affected the lives of many people.
Shannon and I are also forever changed by this experience. Our hearts fill with joy every time we hear the music or think of the practices and the event. This is hopefully the first of many memories we will get to make with all of you.
You have our eternal gratitude from the depth of our souls.

(訳)
お祭りでよさこい踊りを見て以来、シャノンも僕もずーっとそれをやりたいと思ってた!僕たちは日本の文化や、意味深い日本のお祝い行事が大好きなんだ!このチームに入って、一宮七夕祭りみたいなすっごく大きなお祭りに参加できて、夢が叶ったような気持ちだよ。

もっというなら、愛とエネルギーに溢れた最高のチームに入れたことはとってもラッキー!コモンビートは本当にその名前の通りだと思う。みんな僕たちを家族のように迎え入れてくれて、1つのハートとボイスを共有できたからね。僕たちはこの素晴らしいチームのパッションと、観客たちのエネルギーをパワーに、夏の熱帯夜に30分以上を一緒に踊ったんだ!

おじいちゃんやおばあちゃんたちがハイタッチをしてくれたり、10代の子たちが一緒に踊って、一緒にギュンギュンって叫んだり、小さな子供達が笑ってくれて、手を振ってくれたり…。僕たちは彼らと一緒にその空間を作ったんだと思う。

コモンビートのパワーで、たくさんの人の生活に影響を与えたと思う!それは僕とシャノンも一緒で、この経験によって生活が変わったんだ!このイベントを思い出したり、練習を思い出したり、よさこいの音楽を聞いたりすると、心が喜びでいっぱいになるんだ!これが、これからみんなと作るたくさんの思い出の中の、最初の思い出になるといいな!魂の底からの感謝をみんなへ!!

感想にもあるように、キャストが心から楽しんで、「自然とお祭りを盛り上げたい!」と思えたからこそ、チームとしても、パフォーマンスとしても、最高なものになったと感じています。今回、日常生活ではなかなか知り合えないような関係性のキャストたちとも仲良く、一緒に踊ることが出来たのも格別な体験でした。

短い期間でしたが、これでチームは解散になります!ですが、今回出会えた繋がりを今後も大事に毎日を過ごしていきます(`・∀・´)
本当にありがとうございました!

お祭りビックバンプロジェクト
ワッショーいちのみや2017 リーダー
紅谷沙由里(べに)