伴捷人(BanBan) 2016キャスト(台湾・タイ)

アジアンビートのプログラムを通して、いろいろな学び・気づきを得ることができました。

1つ目は、笑顔とハイタッチは世界共通なんだと言うこと。この二つのボディランゲージは、言葉がなくとも打ち解けられる魔法でした。帰国した次の日に小学生に英語を教えに行った際に笑顔とハイタッチをしてみたら、今までよりも彼らとの距離が近くなって、日本でも通用するんだと感じました。

2つ目は、自分のコミュニケーション力に関して、新しい道が開けたこと。通訳を頼まれた時に、自分の英語力不足を感じると共に、今自分に足りない大人数の前でのスピーチ力を上げることが新たな目標になりました。

3つ目は、「幸せ」に対して価値観を変えられることができたこと。台湾キャストの優しさに触れました。彼らはなぜあんなに人を気遣えるのか?と尋ねたら、「どうしたらみんなが幸せになれるか考えてるだけよ。例えば、問題が起きたときに、その原因を追求するのではなく、早くみんなでその問題を解決すれば、幸せになるじゃない」と答えが返ってきました。彼らの主語は「I(わたし)」ではなく、すでに「We(私たち)」であることに驚きました。

この「新しい魔法」、「新しい目標」、「新しい幸せ」は、人生で一番大きな贈り物かもしれません。

> 【キャスト募集中】アジアンビート2017 台湾・フィリピンパフォーマンス交流プログラムの詳細はこちら