企業研修中間支援講座出張授業お問い合わせ

キャストインタビュー 『赤大陸 倉重さおり(くらら)さん』

18th_110530_title.jpg
こんにちは!
18期発信メイト、赤大陸の福本泉(いずみ)です。
実は、5月21日~22日の初合宿を終え、各大陸に名前がつきました♪
赤大陸の名前は、その名も「バラカシア大陸」です!!!
「バラカシア」とは、スワヒリ語で「バラカ(祝福)」と「ヒシア(情熱)」を組み合わせた造語です。
今回は、産まれたてのバラカシア大陸に住む住民の一人、『不思議少女 くらら』をご紹介します♪


◆倉重さおり(くらら)さんは、今回が初参加になりますが、参加されたキッカケを教えてください。
友達の野口裕美子(りんご)さんに誘われて、体験会に参加してみたところ、雰囲気を見て、
どんなことをやるのか分からないけど、やってみようと思い、参加しました。
◆大陸の希望はありましたか?
大陸の希望はありませんでした。
ミュージカルは見てなかったので、分かりませんでした。
◆お友達とは、別の大陸になりましたが、同じ大陸がよかったでしょうか?
いいえ、特にそうは思いませんでした。
逆に違う大陸になれたことで、それはそれとして、共有させてもらうことができました。
また、今考えると、私はバラカシア大陸の一員になれてよかったと思います。
18th_110530_1.jpg
◆バラカシア大陸・仲間について、思っていることを教えてください。
バラカシア大陸の人間相関図を、合宿時に遊びながら、皆で作りました。
ちなみに私は、仙石修一(修ちゃん)さんと尾島菜穂(なほ)さんの子供役です。
結構、気に入ってきました。
みんなは、想いが熱いです。
お互いを想い合っていて、情熱的です!
それから、騒ぐ時は騒ぎ、メリハリをつけるところは、つけるようにしています。
全大陸のムードメーカーだと思います。
私事ですが、私は自己表現が苦手で、自分を変えられるチャンスになりました!
18th_110530_2.jpg
◆「バラカシア大陸大好き!!」ということがヒシヒシ伝わってきます。
それでは、くららさんのプライベート面を少し教えてください。
今回、ミュージカル初参加ということで、一番は誰に見てもらいたいですか?
やっぱり、両親です。
私は、九州の福岡出身で、両親は九州から来ます。
手紙をつけて、チケットを送らせてもらいます。
いつも心配をかけているけど、夢に向かってるので、是非見に来てほしいです!
18th_110530_3.jpg
◆今、向かってらっしゃる夢を教えてください。
介護施設を作って、そこに隣接したカフェを開いて経営をしたいです。
実は、くららさんは4月の上旬から約2週間、石巻へ日本財団のボランティアに参加されていました。
現地では、避難所の管理をされる方々のヒアリングやレポート作成等をお手伝いされてきたそうです。
社会貢献に対して、高い意識を持ち、また実際に行動にうつされています。
くららさんは、自分に厳しく目標を設定し、行動力のある方なので、夢を実現されると思います。
今後もぜひ、頑張って頂きたいです♪
18th_110530_4.jpg
◆それでは最後に、初顔合わせから40日目を迎えた今想うことと、100日後の自分に向けてメッセージをお願いします。
最初は、自分のダンスの振りばかり気にしていましたが、全体を見られるようになり、今は不安よりもワクワクの気持ちが強くなってきました。
それにより、コモンビートのメンバーだけでなく、みんなと楽しさとか、何のためにやっているのかを伝えていきたいです。
そして、なりたい自分になります!
18th_110530_5.jpg
くららさんのインタビューを通して、「やってみよう」って思った時の瞬発力・決断力に、くららさんの魅力でもある「力強さ」を感じました。
100日後のくららさんが、すごく楽しみです♪
そして、最高の舞台を見せてくれると思います。ぜひ、楽しみにお待ちください!
18th_110530_6.jpg