第55期東京100人100日プログラムのコアスタッフ(プロデューサー/演出/キャストキャプテン)が決定しましたので発表します。

第55期東京コアスタッフ

■プロデューサー/兒玉龍人(りゅーと)写真左上
■演出/上原紗英(ぽす)写真左下、植草美帆(うえ)写真右下
■キャストキャプテン/三林北斗(ほっくん)写真右上

コアスタッフの意気込み

■プロデューサー/兒玉龍人(りゅーと)

たくさんの経験を、価値観を、心踊る日々を今までコモビにもらってきました。
だからこそ、今回の55期東京、そんな日々を超えていくプログラムを作りたい。

踏み出したその一歩に、個々がどんな意味を見出していくか、
前人未踏の新境地、誰も見たことが無いような夢景色、そんな場所を100人で目指したい。

自分自身が楽しくないと、人を楽しませることなんて出来ないから。
誰よりも楽んで、誰よりもわくわくする、そんなプロデューサーとして100日間を駆け抜けたいと思います!

■演出/上原紗英(ぽす)

昨年に引き続き、2度目の東京での演出。
どんな100人に出会えるのか、そしてその人たちとどんな100日を過ごすことができるのか、今からワクワクが止まりません。

一人一人の異なる可能性と強さが合わさって、それぞれの繋がりを作り出す。
そしてミュージカルと表現という、言葉を超えたコミュニケーションの中で生まれる化学反応を起こすべく、演出として走っていきたいと思います!

行くぜ東京!

■演出助手/植草美帆(うえ)

初めて参加した35期、舞台経験も無い年齢も能力もバラバラな人たちの、心からの表現に震えて、それからずっとコモンビートの演出をやりたいと思っていました。
今回こうしてコアスタッフとして関われる事が本当に嬉しい!!

まだ見ぬ100人が、今よりもっと、自分に自信を持って、人を大切にして、世界が好きになれるような100日間にしたいと思ってます!!

楽しんで、がんばる!!

■キャストキャプテン/三林北斗(ほっくん)

昨年初めて参加して感じたコモンビートの魅力。
それは一人一人自分の役に自分の色を好きなだけ付けられるところ。
自分の色を出すためには、自分の内側の深い部分をさらけ出さなきゃいけない。
そしてお互いの深いところを認め合ったり、間違ってると思ったことは指摘し合うことが大切。

55期のまだ見ぬメンバー全員が、自分の色を思う存分出せるように、
一人一人全員と直接話して、「めちゃ話しやすいキャプテン」を目指します!!!

=============

以上、この4人がこの55期東京のプログラムを中心となってつくっていきます。
全国のみなさん、これからもよろしくお願いします!

第55期東京100人100日ミュージカルプログラム概要

■共催 まちづくり北株式会社 NPO法人コモンビート

■協力 Up with People

■プログラム
期間:2019年10月~2020年2月(予定)
※体験説明会は2019年7月~9月頃に実施予定です。詳細決定次第、ホームページに掲載します

■公演情報
日程:2020年2月21日(金)・22日(土)
会場:北とぴあ

お問い合わせ

NPO法人コモンビート
「A COMMON BEAT」ミュージカルプロジェクト
第55期東京100人100日プログラム
m55@commonbeat.org