コモンビート事務局よりお知らせです。
10/26(木)に”コモビ座シネマ”上映会&シネマダイアローグ(対話)イベントの第12弾を開催します!

今回は『0円キッチン』です。
4月からの再上映となります!

「食糧危機」を吹き飛ばすエンタメ・ロードムービー

こんにちは!コモビ座シネマ担当の前嶋葵(あおい)です。

毎年10月16日は世界の食料問題を考える日として国連が制定した「世界食料デー」です。
世界で生産される3分の1の食料は廃棄されていると現状に対して自分ができるアクションは何か?

痛快なやり方で解決のヒントを提案してくれるこの映画を見て、この問題について考えてみませんか?

 

コモビ座シネマでは、上映後に感想を共有しあうことも大事にしています。同じ映画を見ていても、印象に残っているシーンや感じたことは違います。本当に違うんです。これは毎回やってみて面白いと思うところです。

映画を観た後に、『ああ、この(感動した・モヤモヤした・なんとも言えない複雑な)気持ち、誰かに話したい!』という体験がある方には特にオススメです(笑)
一緒に楽しい時間を過ごしましょう!

みなさんのご参加、お待ちしております!

<以下、公式ホームページより引用>

世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されている。その重さは世界で毎年13億トン。「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」食材救出人のダーヴィドがヨーロッパ5カ国を巡る おいしく明るい”食”の旅路。

使った廃油は684.5L。走行距離5079Km。救出した食材690Kg。
「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」と考えた食材救出人の
ダーヴィドが廃油で走るキッチンカーでヨーロッパ5カ国の旅へ出発する。

食材費は全部0円!ダーヴィドのアクション!

・食堂から車の燃料となる廃油を調達(オーストリア)
・一般家庭の冷蔵庫を抜き打ちチェック
捨てる予定の食材や賞味期限切れの食材を救出クッキング(ドイツ)
・アプリを使って町に自生する果物を調達(ベルリン郊外)
・海に捨てられる混獲魚でスープを調理(フランス)
・欧州議会食堂でゲリラクッキング(ベルギー)
・未来のオトナたちと昆虫食を食べ比べ(オランダ)

▼予告編

お申し込みはこちらから!(peatixのサイトへ飛びます)

◆◇◆開催概要◆◇◆

▼日時
10月26日(木)19:30〜22:00

▼会場
コモンビート事務所(三軒茶屋)
コモンビート事務所へのアクセス

▼定員
15名

▼参加費
一般 1,000円(税込)

▼申込み方法
こちらのサイトよりお申込みください。

▼スケジュール(予定)
19:15 開場
19:30 スタート
19:45 上映開始(約80分)
21:15 感想のシェア・テーマトーク
22:00 終了

▼お願い
・事前決済にご協力おねがいします!(クレジットカード・銀行振込・コンビニ決済などが利用可能です)
・飲食は自由ですが、ゴミ削減のためお持ち帰りをお願いします。また周りの方へのご配慮もお忘れなく〜。

▼お問い合わせ
NPO法人コモンビート
コモビ座シネマ 企画担当 前嶋葵
kikaku@commonbeat.org