東日本大震災から5年が経ちました。

あの出来事がきっかけとなり、価値観や暮らし方が変わった人が大勢います。しかし、段々震災前のもと通りの生活に戻った人もたくさんいます。
この節目にもう一度暮らし方を見直してみませんか。日本のこと、世界のことを学びながら足元からアクションを起こしましょう。

3回のシリーズでワークショップやトークセッションを行います。
1回目は「食」、2回目は「エネルギー」、3回目は「シンプルライフ」をテーマに行います。
丁寧な暮らし方、モノや人との温かいつながりを一緒に考えましょう!

場所はいずれもコモンビート事務所にて開催します。
第2弾「『自分がエネルギー発電所』という生き方」の詳細は以下の通りです。
(第3弾の詳細は後日お知らせします)

<ワークショップシリーズ概要>

▼第1弾「みんなの食卓」
3月12日(土)
1部:15:00~17:00「発酵食」料理体験
2部:17:30~19:30「地球の食卓、私の食卓」ワークショップ

※終了しました

▼第2弾「『自分がエネルギー発電所』という生き方」
3月26日(土)14:00~16:00
※物々交換会あり

▽申込受付中!
http://commonbeat.org/news/24069/

▼第3弾「シンプルライフのススメ~身の回りから平和を~」
3月30日(水)14:00~16:00(1回目)/19:00~21:00(2回目)
※1回目と2回目の内容は同じです
※物々交換会あり

<第2弾「『自分がエネルギー発電所』という生き方」ワークショップ概要>

震災当時、計画停電などが行われ、コンビニや地下鉄も少し暗くなりました。節電を意識する人も多くなりました。
震災がきっかけで私たちは「電力」を見直すことになりました。そして今年はついに、電力の「自由化」が始まりました。

電力の自由化って何?
エネルギーってどこから買えばいいの?
原発ってぶっちゃけどーなん?

前半は、エネルギーについての現状を一緒に学び、後半は「自分がエネルギー発電所」という生き方の失敗談、成功談をお話します。

「今の若いもんは、ボタンを押す道しか知らん」By農家のおじさん
「脱・ボタン押し生活」の楽しさを少してもシェアできたらと思います。

■日時
3月26日(土) 14:00~16:00
※物々交換会あり

▽物々交換会とは…
「自分は使わないけど、誰かは使えそうな物」を交換しましょう。雑貨や服、化粧品や調味料、生活用品…家に眠っているけど誰かはきっと欲しいはず!?色々持ち寄ってみましょう。但し、どなたも持っていかない場合は、お持ち帰りになります。

■場所
コモンビート事務所
(三軒茶屋より徒歩5分)

■参加費
1,000円(税込)

■定員
20名

■申込方法
下記の宛先までメールを送ってください。

宛先:kikaku@commonbeat.org
件名:自分がエネルギー発電所
本文:お名前、連絡先アドレス

■締切
3月25日(金)まで

■企画メンバー紹介

濱田亮(はまちゅん)
コモンビートの「エネルギー博士」。自宅では4.5Kw発電中。とことん調べてわかりやすく説明することが得意の「育メン」。

前嶋葵(あおい)
20wの太陽光パネルで小規模発電実践中。便利さに頼らず、手間をかけて味のある暮らしを楽しむイケメン。

韓朱仙(チュソン)
エネルギーも食材も限りある地球の資源。できる限り節約し、自分のエネルギーを最大限生かして暮らすオトメン。

<お問い合わせ>
NPO法人コモンビート 事務局
ワークショップ担当 韓朱仙
kikaku@commonbeat.org