毎月おなじみになってきたオンライン公民館「表現ひろば」!なんとこの9月で企画参加の申し込み総数が2000を超えました!

ここまで続いているのにはきっと何かあるはず・・・!
ということで、表現ひろば管理事務所の管理人が参加者にインタビューをしてみました!

今回は今月の表現ひろばがはじめて!という「ほんちゃん」と2回目だけれど2日間で9企画!もの企画に参加された「ケンジ」さんの声をご紹介します。

ケンジさんはなんと!アメリカからのご参加です!
国境を越えちゃう表現ひろばってどんな場所!?

周東弘子さん(ほんちゃん)

別の活動でオンライン活動に興味が沸いたタイミングでコモンビートのメールマガジンで知り興味のある企画があり参加しました。

2つの企画に参加してみました。

一つは終活を考える時間。まさにそろそろと考えていたところで、新たな視点から考えてみるのも、また違った発想が生まれるかもと感じて参加。いろんな方とシェアが出来たのは良かったし暗くなりがちな話題もサラッと話せて楽しかったです。

もう一つは朗読の会。今月から地元のシニア劇団に入団しました。コモンビートで参加したミュージカルプログラム以外で、演劇、舞台等した事がないので、発声練習になればと思い参加。話す時はスピード感、高低、間(ま)場面を想像しながら読むなどこれからの活動に非常に参考になりました。

交通費がかからないのは良いですね。
ソーシャルディスタンスを気にしないで誰とでも喋れること、今まで知らなかった人とも繋がれるのは、最高です。
人から学ぶ事が多いのも再認識しました。

コロナ禍の今自粛が続き、ひとりでいるとボケてしまうかもという危機感もある中で、表現ひろばでは自らを向上させてくれる宝の山のように感じました

王健治さん(ケンジ)

はじめて参加した前回が楽しかったから!そして、LAからでも夕方までは参加出来るから!
引きこもりコミュニケーション砂漠生活に潤いがうまれる!面白い!

私が参加したものには、カジュアルでいて根源的な問いかけに直結しているような、実は深いテーマのものが多くて、色々楽しく深く考えられました。
また、とても実用的な講座もあって、今後活かせそうな学びもありました。

距離かんけーなーい!(時差はあるけれど…笑)

公民館的コミュニティ。


お二人の感想を見てみると・・

距離が関係なく、家から参加できるというオンラインのメリットだけじゃないのが「表現ひろば」
人との出会い、学び、発見に詰まっている!!!すごくうれしい感想でした!

ほんちゃん、ケンジさん~また遊びに来てくださいね♪

9月の表現ひろばは2日間で20企画!瞑想、地域を話すラジオ、講座、終活について考える、フードロスについて語る、、などなどいろんな企画がもりだくさんでした。


これからも表現ひろばの声をお届けしたいと思います!

~管理人 心の川柳~
おうちから 「ひろば」でつながる 人と人

次は10月17日(土)、18日(日)が表現ひろば!

10月上旬に次回ラインナップをリリース予定です。
誰でも気軽に参加できるのが表現ひろば。みなさまのご参加をお待ちしています!

表現ひろば 管理事務所 管理人より