みなさん

こんばんは!もっぴー(三矢楓)です。
アメリカではマックに行く際、まずアイスクリームの機械がちゃんと動いているかを確認するそうです。
なぜなら、ほとんどのアイスクリーム機が壊れているから。
「マックでアイスクリームが手に入るのは20%の確立」と俗に言うそうです。笑
※もちろんアイスクリームがちゃんと商品としてメニューにあるんですよ!

さて昨日、無事に初演を終えました!!
無事、大成功!!!
キャストもお客さんも盛り上がりは最高潮でした!!

暗闇の舞台袖から光がまぶしいステージに出た瞬間、パチンとスイッチが入る感覚。
キャストがのってくるとお客さんも盛り上がる。そのお客さんのリアクションに刺激されるキャスト。。会場を波打つエネルギーの循環。
舞台っていいなと、ただただステージの興奮を楽しみました。

今回の作品には、楽しくて愉快な歌と併せて個性、異文化、女性の権利、鬱、差別のような現代社会を題材にした歌がたくさん含まれています。
美しい歌の中に強くて深いメッセージがこめられているのです。
そんな重みのある歌を、自分のバックグランドをかけてひとりひとりが歌い上げている姿には、自分もキャストの一員でありながらも感動でした。
作品については、また別の回で詳しく記載したいと思います。

初演はホストファミリー、スポンサー、UWP同窓生が中心の観客でしたが、実は2名の日本の方にお越しいただきました!!
なんと、在デンバー日本国総領事館の総領事、竹内みどりさんと同じく領事館から専門調査員の佐藤由香里さんが見に来てくださいました!

リーダー研修の一環でUWPのワークショップにお越しいただいた市長さんが、デンバーオフィスの総領事をご存知とのことでご紹介を頂き、先日、ももと総領事館にお伺いさせていただいていました!

UWPキャストの前向きで強いエネルギーに励まされたと感想を頂きました。

ショーから1日が経ち、今は無事初演を終えた感動と安堵の気持ちです。
とはいえ、当日の休憩のなさに周りのティーン達と比べると老体の私には疲れが隠し切れず、
当日に怪我をして舞台に立てなかった人、思うように踊れなかった人がいて、
気合い入れをした後の、開演5分前のキャスティング発表には動揺を隠せず、
ステージでの懺悔したい点はそこそこあって、
いやいや自分はもっとできるよと訴えたい点がある、
というのが現実ですが、これから始まる旅でショーもキャストもどんどん変化していくんだろうなと思います。

いよいよ来週からはデンバーを離れ、旅のスタートです!

もっぴー(三矢楓)