こんにちは!!

 

いよいよ最後の週となってしまいました!
今週は本当に泣笑いが激しかったです笑

最後の週なだけあり、振り返りの時間が殆どで振り返るたびには誰かが号泣し、振り返るたびには何かで笑い感情がおかしくなる程この5カ月間を振り返りました。

振り返る前に最後のショーだけ報告しておくと、今までで1番最高のショー+とっておのサプライズが!
このサプライズに関してはこれから参加する人達も居るので内緒で。笑

そして実は最後のショーの前に1人のメキシコ人キャストのお婆さんが意識不明の重体になり、早めに帰国する事になりました。
なのでその子のパートを他の人にチェンジするのですが、自分自身も入っている1つのシーンで、自分のリアルストーリーの声と動を4人するのですが、必ず後ろにはその翻訳を流しています。
その翻訳が違う人のを使う事が間に合わないと言う事だったので、急遽帰国したメキシコ人の子の声で動は程のキャストで。という対応を行いました。
ステージには居ないですが声だけでも全員で最後のステージを創れて本当に嬉しかったのとその子の声を聞くと涙が止まらなかったです。
そしてその後毎日のように連絡して、皆んなでパワーを送り続け、お婆さんも目を開けれるまで回復して少しホッとしています。
と言う事で20数回のステージは本当に自分の中で技術面でも精神面でも成長出来ました。

ここからは全体的な振り返りを少しだけ。

Up with People は約100人の若者が力を合わせて世界を変えていこうと色々チャレンジしています。
ただ本当に大事なのは自分達だけがチャレンジするだけではなく、自分達がリードして周りの皆んなと一緒にチャレンジをして自分の周りを変えていく事。
勿論今のままでいい所はそのまま継続して、自分で出来る変化は自分でもしくは一緒に。もしその時に助けが必要なら周りの助けをしっかり借りて一緒に行動する。
しっかりとした目標、ゴールを持ち、それを共有して皆んなで進んでいける道しるべを探し作ってあげる
時には前に出て、時には何もしずに見守る。
プログラムが終わった今、次の目標をじっくりと考えてそれに向かって進んでいます。

そしてもう一つは世界は本当に広い事。
貧しくても心は凄く豊かな地域。
ゴミなどで汚い街に輝く子供達のダイヤモンドのように輝く笑顔。
綺麗な田舎に住んでいる穏やかな人達。
とにかくジョークが好な人達。
マリファナを当たり前にやっている環境。(あ、勿論自分はやってないですよ笑)
同じ様な地域のスウェーデンとデンマークでも雰囲気がなんか違う

同じ国でも人柄や生活が全く違って、それのほんの一部しか関われていなくて、まだまだ見れていない文化は沢山。
ただ今回その一部の中の大勢に出会えて、影響を与えれて、その人達の周りや未来を少しでも明るくライトアップ出来てたら嬉しいです。
というより出来ていると思います。

ということで次で最後としたいと思います。
次は日本に帰国後、この5カ月のハイライトや色々なプラスもしくはマイナスの想い出など書こうと思います!
では帰国します!!

ゆーき