あっちゃんです。
メキシコ最終週はToluca!

★Today’s word
What did you take from Mexico?

トルーカに移動する前に、テオティワカン遺跡へ。

登れる世界最大のピラミッドがあって、なんだかまるで合成写真!
空に向かっていくような不思議な体験でした。

uwp1023_01

CAは、青少年更生施設にてワークショップ。

罪を犯した10代・20代の青年が収容されている施設で、犯罪の内容は窃盗や殺人などさまざま。

入る時には身体検査と異様な雰囲気の中で、わたしのグループが担当したのは20代前半までの男の子たち。

見た目はごく普通ですが、私たちに向けられる、何しに来たの?という疑いの目。

ところがTake a standのワークショップを始めると、少しずつ空気が変わって行きます。

メキシコは他の国からポジティブ、ネガティブどちらの印象か?

どこにでも住めるとしたら、メキシコか他の国、どちらに住むか?

25年後の世界は良くなっているか?

未来について考える質問をしたことで、変化や光を掴んだ目になっていきます。

最後に聞いた感想と将来の目標が、印象的。

久しぶりに笑った。
他の人の意見に刺激を受けた。
前を向いて自分を変えていきたい。

一刻も早くここを出たい。
大学へ行きたい。
技術者になりたい。

恥ずかしそうに、でも意志強く話す彼らを見て、Up with Peopleのワークショップがもたらす変化を改めて実感しました。

そんな彼らに質問されたのが
What did you take from Mexico?
(メキシコで得たものは?)

わたしは迷わず、”colorful world”と答えました。

uwp1023_02

街中には色が溢れていて、陽気な雰囲気。
人も優しくて、弾むような気持ちになるし
彼らの未来を見つめる目は、一人ひとり違ってきらきらしていて、彩り豊か。
メキシコはカラフルな国!
エネルギーをたくさんもらいました。

それから、メキシコは自分へのチャレンジが多かった国でもありました。

キャストみんなの前で『高校教員をしている理由』をプレゼンしたり

Expression Sessionと呼ばれるタレントショーで、同じくコモンビートから参加しているゆかちんとCan we sign a song of
peace を日本語で歌ってコモンビートを紹介したり。

uwp1023_03

チャンスを掴むのは自分次第。
旅も残り少なくなってきたので、毎日大事に過ごしていきたいなー!

いよいよ3週間過ごしたメキシコを離れ、北欧・スウェーデンへと向かいます!

uwp1023_04

あっちゃん