こんにちは!

コモンビート九州の練習は、ついに後半シーンに突入となりました。

4/13-14は後半の見せ場、戦争と悲しみを表現する、奏でようというシーンの練習をしました!

IMG_0456

まず、戦争シーン練習について、黄色大陸 太田郷子(ごーちゃん)がレポートします。

戦争はポール、ストンプ、スティックという3つの武器を使っての演技となります。

私はその中でも一番大きな「ポール」を使っての演技。

長さは170センチくらい。

利用する武器は、すべて手作り!という大切なものであり、

これまでのキャストも大切に利用して今ここ福岡にあるということ。

それを聞いただけでなんだか武器と出会えたことに喜びを感じます。

そのポールに自分の名前を書きました。油性ペンで。

過去のキャストの名前が書かれたポールに自分の名前を書きながら泣きそうでした。

私、コモンビートの一員なんだな。

私、本当に舞台に立つんだな。って実感して。

これまでの前半練習ではいかに笑顔をキープするか、

笑顔をキープするためにはいかに心を温かくし、楽しみや希望の心を持つかを考えていました。

しかし、打って変わって「戦争」とは怒りのシーンです。

 IMG_0514

練習から空気が張り詰めています。

すごく緊張します。

今回の練習ではこの戦争シーンを作り出した舞台監督の中里友一(なかさん)が指導してくれました。

一つ一つの動作の意味を伝えてくださったので

練習にも力が入りました。

武器を動かしながら、自分も動く、そして人に当たらないように気を付けなければならない。

気を遣いながらの練習。

そして、隊形移動が多い。

一人でも間違えると全体の流れが変わってしまう。

すごく重要です。

二日間練習を数時間ずつ行い

14日には通しを行いました。

正直私は「怒り」って表現が苦手なタイプ。

そんな中何を考えて表情を作ればいいのか、入り込んだらいいのか分からなかった。

でも通しはその時点での最高を出したい。

演技に入る前に純粋に黄色大陸の事だけを考えるように頭を切り替えました。

戦うというよりは役に入ろうと。

今の私の設定では、大陸のことが大好きな自分は

戦うことでしか自分の大陸を領土、文化を守れないと思っていてそれ以外の手を知らない。

ベストの道はとにかく守ること。

そういう気持ちで進んでみようと思っています。

やりながらきっと自分の中での設定や気持ちも変わってくるんだろうけれど。

 IMG_0517

しかし、戦争含めた後半シーン。

疲れます。

実際、戦争。って言葉を聞くだけでもなんだか悲しい気持ちになるのに

それを表現しなきゃいけないって。

うーん、正直つらい。

戦争シーン終わると、涙が止まらなくなります。

心が高揚していてすぐに涙が出ます。

 以上、戦争シーンをごーちゃんがレポートしました!

*  *  *  *  *  *   *  *  *  *  *  *

【戦争】シーンの裏では【奏でよう】のシーン練習をしました!
このシーンのレポートについては、青大陸の吉丸亜紗美(まる)がお届けします!
 IMG_0516
【さあ奏でよう】のシーンは、戦争により深く傷ついた世界で、
人々は希望の光を見つけ、復興への思いが目覚めていくという、
今までの騒がしい感じとは一味違うシーンとなります。
このシーンを演じるに当たり、私達は戦争について考えてみました。
私達キャストの中に戦争を経験した人は一人もいません。
戦争ってどんなものなのだろう??
イメージを膨らませるために、まずは私達が思い描く戦争の情景を話し合い、
その後、思い描いた情景を体全体を表現しました。
戦火の中を彷徨う人々、離ればなれになった家族を探す人々、食べ物を求める人、、、
見ているだけで戦争の悲惨さを感じる事ができ、中には涙を流しながら思いを語る場面も見られ、
戦争後の世界をどう表現したらいいのかをみんなで考える、とても重要な時間となりました。
 IMG_0526
このように、自分だったら・・・と仮定し想像する事で、より表現力が増し、より深みのある
作品になるのではないかと思っています。
【さあ奏でよう】のシーンでは、一人一人の演技に込めた、戦争への思いを感じて頂きたいと思います。
・・・とは言うものの、表現方法についてはまだまだ模索中!
今後の練習で磨いていきたい部分です!!
最後に、アカペラで歌う2人の美しい歌声にも注目です!!!
以上、まるからのレポートでした。

体力を保つためにも自分の気持ちをコントロールできるようにすることも大切だな。と感じた2日間でした。

レポート:(戦争シーン)黄大陸 太田郷子(ごーちゃん)

(奏でようシーン)青大陸 吉丸亜紗美(まる)