コモンビート事務局よりお知らせです。

2020年、コモンビートがいよいよ四国の立ち上げにチャレンジします。

その地域は「愛媛」です!

この度、公演会場が「松山市民会館」に決定したことを受け、立ち上げを宣言し、コモンビートの四国での活動をスタートします。
ぜひご支援、ご声援をお願いします!

今回の四国でのプログラム立ち上げは、キャストOBやOGからの「地元でのミュージカル開催を望む声」からスタートしています。まだコモンビートに出会っていない方々に対して活動を届けていくことは、私たちが目指す「個性が響きあう社会」の実現に向けた一歩となります。

活動地域を固定して待つのではなく、こちらから届けに行く…。
そうすることで、新しい出会いと価値が生まれていくと私たちは信じています。

また、四国立ち上げに伴い、コアスタッフも決定しましたので、発表させて頂きます。

56期四国プログラムコアスタッフ

プロデューサー/矢尾板隼(やお)

コモンビートに関わり続けて8年目。
仕事で縁あって訪れた四国で、自分自身初めて、立ち上げに挑戦します!

関わった当初から変わらないコモンビートへの想い。平和への願い。
一人でも多くの人が、「自分らしくたくましく生きる個人」になり、
一歩でも、「多様な価値観を認め合える社会」に近づくことを目指し、

初上陸の四国でも、コモンビートが求められている!と信じて、突き進んでいきます!

演出/栗林朗子(ほが)

愛媛にUターン就職をし「仕事があるから」「県外にいるから」「若手だから」とおのずと自分の行動や意思表示にセーブをかけてた社会人1年目。それでも「自分のことを伝えたい」「相手のことを知りたい」と1歩踏み出してみたら、人とつながって出会いも生活も楽しくなりました。

それぞれの自分らしさを認め合うことができれば、もっとステキで楽しい社会になるのではないか!コモンビートを通して得られるものがこれからの社会に意味がある、生まれ育った四国でもやりたい!長年心の奥で眠っていたものを叶えます!

コモンビート四国、まだ見ぬ仲間とともに100日間駆け抜けてまいります!一緒に四国を湧かせていきましょう!

アシスタントプロデューサー/矢尾板智麻(ちま)

コモンビートに出会ったのは19歳の時。
好奇心旺盛でいろんなことに手を出すも長くは続かずすぐ飽きる私が、ただ「舞台とか楽しそう!やってみたい!」で飛び込んだコモンビートは、飽きるどころかどこまでも私を本気にさせるものでした!

結婚、出産を経て私は「命の尊さは世界共通である」ことを強く実感しています。A commonbeatという作品を通して、私達があらゆる命について考えたり、思いやりをもてればきっと日本は、世界は、地球はもっと豊かになると信じています!

第56期四国ミュージカルプログラム概要

■プログラム
期間:2020年1~2020年4月
地域:愛媛
※体験会は2019年6月〜11月に実施予定です。
※本番公演後(2020年5月頃)に振り返りの合宿を予定

■公演
日程:2020年4月18日(土)・4月19日(日)
会場:松山市民会館 大ホール

■運営体制
主催:NPO法人コモンビート
協力:Up with People

お問い合わせ

NPO法人コモンビート
「A COMMON BEAT」ミュージカルプロジェクト2020
第56期四国100人100日プログラム
m56@commonbeat.org