コモンビート事務局からのお知らせです。

第48期東京ミュージカルプログラムのコアスタッフ(プロデューサー/演出)が決定しましたので、発表します!どうぞよろしくお願いします!!

第48期東京コアスタッフの紹介と意気込み

■プロデューサー/安達亮(りょう)
2004年から活動に参加。第2期・第3期ミュージカルにキャスト参加、国境警備隊を務める。キャスト初参加時からアシスタントプロデューサーを務める。2005年から事務局長となり活動をサポートしながらも、幾度となくプロデューサーを勤め、その経験を生かし日韓ミュージカルを立ち上げる。現在15周年記念英語ミュージカルのプロデューサーも兼任し、2018年の「東京公演」は全てプロデュースすることとなった。東京生まれ東京出身。現りじちょー。

コモンビートで一番好きな仕事は「プロデューサー」です。ミュージカルプログラムという大きな装置を使って、社会にインパクトを与えるべく、参加したキャスト&スタッフと切磋琢磨していきます。キャスト100人規模の大所帯が生み出す「多様性(違い)」を、作品づくりを通じて「楽しむセンスを磨く」そんなプログラムにしていきたいと思っています!今回演出を務めるぽすは一回りも年齢が離れています。僕自身もそのような「未知との遭遇」を楽しみに、成長していければと思います!!

■演出/上原紗英(ぽす)
大学でミュージカルサークルに加入、365日歌って踊って過ごす。大学生3年時に32期東京ミュージカルにキャスト参加(願いをのせてソロ)。コモンビートの活動理念に共感し、いずれはミュージカル演出につきたいと夢見る。昨年 Up with People に参加し、異文化の中に身を投じた経験を生かし、今回演出にエントリー。海外旅行大好き。韓国語と英語話せます。

第48期東京プログラムの演出になりました、ぽすです。2年前にコモンビートに参加し、だんだんと夢に描いていたプログラムの演出。何もかもが初めてのこのビッグチャレンジ。全身全霊で駆け抜けたいと思います!

新しい人や新しい場所、そんな素晴らしい出会いにワクワクが止まりません。
等身大の自分で、全力でぶつかりながら、一人一人が自分らしく輝けるそんな100日間を作りあげたい!どうぞよろしくお願いいたします。

> このコアスタッフと一緒にミュージカルづくりがしたいと思ったらこちらへ(スタッフ募集)

第48期東京ミュージカルプログラム概要

■プログラム期間
2018年7月下旬~11月中旬

■公演日程
2018年11月17日(土)、18日(日)

■公演会場
大田区民ホール・アプリコ(東京都大田区)

お問い合わせ

NPO法人コモンビート 事務局
ミュージカルプロジェクト 48期東京
core48@commonbeat.org