shiso_20100529-01.jpg
こんにちは!!しそです!!
インターンシップやアシスタントセッションも
3シーズン目にはいりました。
1シーズン目でマーケティングのインターンシップをして以来、
自分の責任をもって何かをするということがなかったのですが、
3シーズン目に入って、
クルーリーダーというアシスタントをさせてもらうことになりました。

クルーリーダーとは、コミュニティサービスにいく時に、
キャストグループのリーダーとして、
コミュニティサービス先のコンタクトパーソンと話をしたり、
キャストを誘導したりする仕事です。
初のクルーリーダーのコミュニティサイトは、
アメリカのユマでのペインティングの仕事。
キャスト26人で、公共の道路の壁を塗りなおす仕事でした。
ユマは砂漠の町で日中の気温が40度を超えることがほとんど、
その上砂漠だから日陰がない!!!
キャストの体力とモチベーションをいかに維持するか・・・
shiso_20100529-03.jpg shiso_20100529-04.jpg
「リーダーって何をすればいいの?」
「リーダーシップって?みんなを引っ張る?サポートする?」
そんなことを考えながら、
みんながペインティングしやすい環境を整えることを最優先に動いていました。
そして、私たちのシーズンのクルーリーダーが抱える大きな課題
それは・・・メインの国がメヒコ!!ということ。
時間感覚の違いとかいろんな課題がある中で、最大の課題は「言語!!!」
メキシコでのコンタクトパーソンはほとんどが英語を話せない人ばかり。
いつも通訳として助けてくれるスパニッシュスピーカーのキャストがいるとはいうものの、
やっぱり聞きたいこと伝えたいことがダイレクトに話せないということは、
めちゃくちゃフラストレーション!!!
何よりも一番つらいのは、状況をキャッチできないこと。
メキシコでは本当にスケジュールや状況がコロコロ変わる。
常にフレキシブルに!!
って思っても、
コンタクトパーソンと直接話しができないことで、
状況が変更になりつつあるのかさえキャッチできない!
状況がわからないから、キャストに対する指示もあいまいになって、
最終段階として、学級崩壊というかグループ崩壊に・・・
勝手にどっかにいってしまうキャストや、
私の声が聞こえないくらいのザワザワした環境になってしまう。
くやしくてくやしくて何回も涙。。。
他のキャストにバレないようにこっそり泣いてもやっぱりばれる。笑
何もいわずにそっとそばにいてくれるキャストや、
「Hey!! Cast!! Yukari is speaking!! listen!! Please respect yukari!!」
と叫んでくれるキャスト。
「i’m so sorry, i just wanna buy water.i’ll tell you before leave group next time…」
と自分から言いにきてくれるようになったキャスト。
shiso_20100529-5.jpg
そして、最後には「good job yukari!!」
「today’s CI was really fun!! thank you!!」
といってくれるみんな。
shiso_20100529-6.jpg
毎回、本当に周りのキャストに支えてもらいながらクルーリーダーをしています。
だから泣いてばっかりではいられない!!笑
というわけで、旅の指差し会話帳を片手に必死に会話を試みてます☆
最後に、メキシコ2つ目の町ナバホワでコミュニティサービスをしていた時に、
たまたま出会った、メキシコ在住26年の日本人早川さん。
お昼ごはんに招待していただきました。
久々に食べた「ひじきの煮物」や「魚の南蛮漬け」
おばあちゃんちの味とにおいがすごく嬉しかった。
すごく素敵な出会いでした☆
shiso_20100529-7.jpg shiso_20100529-8.jpg