企業研修中間支援講座出張授業お問い合わせ

「違い」から生まれる面白さ。Cplus Live 2021〜もしも◯◯がなくなったら〜

Cplus Live 2021〜もしも◯◯がなくなったら〜をご観覧いただき、ありがとうございました!
それぞれが持つ価値観や想いの「違い」が材料となり完成した6作品は、いかがでしたか?

プログラムの中で、キャストたちはどんなことを感じて、作品づくりをしていたのか。

今回は、本番前に行ったキャストインタビュー!
インタビューに答えてくれたのは、富田大介さん(だいぴ)・榊原由己さん(ゆーみん)・重森大樹さん(だいき)の3人です。

今回インタビューに答えてくれた3人、そして31人の参加者は、 Cplusに参加した理由も、考え方も、普段自分を取り囲む環境も、全く違います。
そんな仲間とともに1ヶ月間共に考え、感じたものを作品として発信していきました。

Cplusプログラムでの1ヶ月間、そして最後の公演(Cplus Live)のゴールは、単純な作品づくりには留まりません。
お互いの価値観や想いを対話によって重ね合わせながら作品の完成を目指す中で、一人ひとりの内面、そしてお互いの「違い」に気付き、向き合い、尊重し合うその過程こそが一番大切です。

時には違いから新たなものを生み出したり、違いをそのままに活かしあったりしていくことが、私たちの日々をもっと面白くするのではないでしょうか。

改めまして、4期Cplusプログラムを応援してくれた全ての皆さまにお礼申し上げます。
7月には「What is Your Color?」の新テーマで5期が始まります!
応援よろしくお願いします!

Cplus Live 2021〜もしも◯◯がなくなったら〜の作品がyoutubeにアップされました!
動画の視聴はこちらから↓

インタビューチーム:Cplus4期スタッフ 成田愛美(なりたま)・諸星宏典(モロ)
執筆:表現プログラム事業部