企業研修中間支援講座出張授業お問い合わせ

自分と、そして相手と向き合い、深める1ヶ月間。ーCplus4期キャストインタビュー!(後編)

北は北海道から南は鹿児島まで、31人の個性豊かなメンバーで活動しているCplus第4期。
「もしも◯◯がなくなったら」をテーマに、対話を深めながら作品づくりを行っています。

キャストたちは、プログラムの1ヶ月を過ごす中でどんなことを感じたのでしょうか。
お話を聞いてみると、自分自身と、そして相手と向き合い、深め合うキャストの姿が見えてきました。

インタビューに答えてくれたのは、鷲見望さん(スミス)・金子朋未さん(ともごん)・荒井圭哉さん(ケイヤ)の3人!
4期が始まった直後と、来週に本番を控えている今、2回お話を聞いて、1ヶ月で印象に残った出来事や気持ちの変化について聞いてみました。

前回の記事は、こちら。

キャストプロフィール

1ヶ月で感じた自分の変化と気付き。

3人のお話を聞いて、Cplusは自分自身と、そして相手と向き合い、深め合う場所だということを感じました。

「もしも◯◯がなくなったら」というテーマについて、一人ひとりが自分で問いを投げかけ、深めて、相手と伝え合う。そんなやりとりを何度も繰り返して対話を重ねながら、一つの作品が完成する面白さがあります。

また、ともごんが「インタビューで話していると、また新しい発見がある」と言っていたのがとても印象的でした。
考えたことを人にアウトプットすることで、そこからより深い気付きを得られる。
3人にとって、今回のインタビューがそんな機会になっていたらとても嬉しいです。

スミス、ともごん、ケイヤが出演するCplus Live 2021の本番は、いよいよ今週末です!
ぜひライブ配信をご覧くださいね!

インタビューチーム:Cplus4期スタッフ 上田一真(かずま)・諸星宏典(モロ)
執筆:表現プログラム事業部

Cplus Live 2021〜もしも◯◯がなくなったら〜
6月6日(日)10:00-13:00@Facebookライブ配信
観覧無料
申し込みはこちらのページから!
https://cpluslive2021.peatix.com/