こんにちは!インターン第4期生の村山菜々子(なな)です!

今回は49期大学生キャストの新谷実央(みおりん)にインタビュー!大学4年生のみおりんが、コモンビートを題材に卒論を書くと聞いて、卒論のことやコモンビートでの経験について話を聞いてみました!

____________________

なな どんな卒論を書くの?

みおりん 私が学んでるのが心理学だから「ミュージカル経験から得られた心理的成長について」っていうテーマで書くよ!
初めてコモンビートに参加した人から話を聞いて、どんな心理的な成長があるのかを分析して卒論としてまとめようと思ってるんだ。

なな なんでコモンビートで卒論を書こうと思ったの?

みおりん 自分が100日で得たものって感覚的なものだから、それを形にしたいなって思って卒論に書くことにしたんだ。

なな みおりんは来年の4月から社会人だよね。コモンビートでの経験が就活に活かせたなって思ったことあった?

みおりん コモンビートでたくさんの社会人に会っていろんなお話を聞いたことで、自分が見ていた業界の幅を広げてインターンシップや説明会に参加するようになったから、コモンビートに参加したことは就活にも大きく影響したよ!
あとは、面接で活かせたと思う。物怖じせずに面接官と対話ができたし、「落ち着いてるね」って言われたこともあったよ!たぶんコモンビートで自分より年上のいろんな人とコミュニケーションしてきたのが活かされたんだと思う!
4月からは総合商社の事務のお仕事をするよ!

なな コモンビートに参加してみて、大人のイメージって変わった?

みおりん 今までのイメージって、大人=仕事・育児・家事…って感じで、自分の時間を作るのが難しそうだと思ってて、時間のある私たち学生とは程遠いイメージだったんだ。
だけど大人も人間だから、悩んでる人もいたし、いろんなことに挑戦してる人もたくさんいた!そういう大人に出会えたから、大人が身近に感じられるようになったし、大人って楽しそうって思えるようになったよ!
私は来年の4月から社会人になるんだけど、将来に楽しみがもてるようになった!!笑

なな 最後に、みおりんとってコモンビートとは?

みおりん 「人との繋がり」と「スタート地点」かな。
コモンビートに参加したことでいろんな人と意外な繋がりがあったり、たくさんの人や場所と繋がれるようになったなって思う。
あと、49期プログラムは終わっちゃったけど、49期プログラムの100日間で100人の熱意に触れられたことが刺激になってて、49期が101日目からの自分のためのスタート地点になってるって感じてるよ。
プログラムが終わってからも49期のキャストに会うと、またエネルギーがもらえて、頑張ろうって思うから、やっぱりスタート地点かな。

____________________

コモンビートで得たものを形にしたい、その形がみおりんは卒論、私は学生×コモンビートのブログと違うけど、持ってる思いは似てるんだなと思いました。

どんな卒論になるのか、完成した卒論もとっても気になりますね!!

以上、学生×コモンビート 大学生インタビューでした!

村山菜々子(なな)