鹿児島でコモンビートの活動がスタートして3年目。
2度の100人100日ミュージカルプログラムを経て、コモンビートというと「知ってる!」「ミュージカルの公演観に行きました!」などの声を聞くことも多くなり、鹿児島の中での認知度が上がってきていることを感じられるようになりました。

そんな鹿児島でコモンビートの活動を体験する1日「ワンデイコモンビート鹿児島」を初開催しました!

初めましての方とニックネームで名前を呼び合い、一緒に一つの作品を作り上げ、いろんな話をした4時間。

たった4時間でも、、
自分のことを人に伝え、全く知らなかった人のことを少し知り、普段の生活では出会わない色んな世代の人と1つのゴールを目指して、踊って一緒に汗をかく。
すると、同志のように心が近づいて、話しかけてしまう。
そんな空間が最後には見られ、100日プログラムをのぞき見したような1日だな~と感じました。

 

コモンビートのプログラムの軸でもある「表現」を参加者の人にいろいろ体験してほしい!活動を知ってほしい!と運営スタッフも考えて、工夫した1日。
どんなことをしたらプログラムの魅力が伝わるか?
何が必要だろう?と、当日まで何度も話し合いつくりあげた4時間。

運営スタッフの体験してもらう場を「つくりたい!」という思い
参加者のみなさんの活動を「体験したい!」という思い
どちらもの「やってみたい」が重なって生まれた1日では、次の鹿児島のプログラムがあれば参加したい!という新たな「やってみたい!」がたくさん生まれていました。

 

~次はミュージカルプログラムをやってみたい!という方の感想~
・ストレッチをして自分の身体が固くなっていたことを知った。
・身体はヘトヘトになりましたが、心がハッピーになりました!
・参加者同士で話す時間が印象的でした。
・人見知りで恥ずかしがり屋なので、参加するのも迷いました。ただ始まってしまえば楽しくなってきてよかったと思いました。

 

あなたも「やってみたい」をやってみませんか?
どんな一歩でも、やってみよう!という気持ちに正直に動いてみたら何か生まれるかもしれないですね!

コモンビートの活動を知っていただくために今後も鹿児島ではイベント企画を予定しています。
詳細はHPやコモンビート九州のfacebookでご確認ください。

 

九州エリアマネージャー 太田郷子(ごーちゃん)