12/6、荒川区立峡田小学校(はけた、と読みます)の放課後の学童のようなところで、
世界のダンス教室をしてきました!
こちらは、11,12,1月の3回の連続で授業依頼をいただいています。

前回も来ていたとっても元気な一年生5人がリピートしてくれて、初参加の1年生1人と2年生4人と4年生1人が参加してくれました。

授業の最初は日本の忍者。鏡になって動くことになれるのと、準備運動を兼ねたアクティビティです。

次はブラジルのサンバ。前回の参加メンバー全員に見本を踊ってもらいました。

次にケニア。マサイ族の男性の強さを競うジャンプの説明をした後はジャンプ選手権が展開され、男女に分かれお互いに審査員をして、マサイ族認定を行いました(笑)
また、シマウマステップを踊った時は、双子の兄弟がライオンの踊りを独自で始め、それ以外のメンバーが全力で逃げるという新しい振付ができる場面も。

最後はドイツ。クリスマスが近いのでクリスマスマーケットの話をしました。
振付をビールダンスにアレンジしたところ13,4年後に成年になるみんなに大ウケ。
円になって踊っていたら、最後は二日酔いで千鳥足で踊るダンスに子どもたちが変えてました。

個性溢れるキッズたちの力を借りながら、みんなでゲラゲラ笑って創作するあっという間の1時間を過ごせました!
ありがとうございました!

ファシリテーター
山瀬加奈(しあとる)