東北の学校訪問第二弾!
10月25日は東松島市立矢本東小学校、翌日は東松島市立矢本第二中学校へ行ってきました。

今回のテーマは、「色んな人と手をつなぐ」「自由ってなんだろう?」「異文化を知ろう」

矢本東小学校では、5年生のPTA行事にお邪魔し、
95人の児童、その保護者さん、先生たちも加えて、総勢約200人による「世界のダンスワークショップ」を楽しみました。

最初は恥ずかしがってた子ども達、そしてお母さん達も
音楽に合わせて、握手したりハイタッチしたりするうちに笑顔が満開。

「5年生ともなると手をつなぐなんて久しぶり!」なんてお母さんも。
自由に踊ることに恥ずかしさや難しさを感じながらも、最後は全員で思いっきりダンスを楽しみました!

翌日の矢本第二中学校は3年生の授業。

これから受験を控える生徒たちと異文化に触れるワークショップを行いました。

初めて出会う異文化の人...
理解し合うためには言葉も大事だけど
最初の印象や理解しようとする気持ちが大切なことを、苦労しながらも発見した生徒たち。

世界の文化の話にもみんな興味津々で、世界の歌で奏でたハーモニーも綺麗でした。

ダンスの時間は男女で手をつないで、リードしたりされたり。
最初にあった恥ずかしさも、強さや体格の違い、相手を信頼する感覚に気づいたあとは、自然とそれは素敵なダンスに。

ハイテンションに踊る明るい生徒たちと、暖かい先生たち。予定の時間を超えるほどの素敵な時間を過ごしました。

矢本東小学校の皆さん、矢本第二中学校の皆さん
ありがとうございました!