8月28日、中央区立明正小学校のサマースクールで授業をやってきました!
翌日と合わせて2日間かけて、1-6年生の希望者と一緒に世界のダンス教室です!

初日は、5.6年生約20人と1.2年生約70人と一緒の時間を楽しみました。

5-6年生は少人数ということもあり、恥ずかしがってあまり踊らないかな?と思って臨みましたが、全くそんなことはなく、すごく素直な子たちでダンスを純粋に楽しんでくれました。
そして、さすが高学年!言葉や文化の紹介もしっかり聞いてくれて、生徒たちと話しながら世界の国のことを一緒に学ぶことができました。
ただ一方的に教えるのではなく、会話をしながら一緒に時間を作っていきますが、いつも子供の発想力や質問に感心するばかり。

続いての1-2年生、70人。
低学年の生徒は、楽しむときはとにかく全力で楽しんでくれるのが嬉しい。
高学年に比べるとあまり難しいことは伝えられないですが、世界のダンスをたくさん楽しんで、違うけれどもみんないいってことを言葉にせずとも感じてくれてます。

年齢や人数に応じたその時々のアプローチの仕方があるなあと日々勉強です!

今回の訪問には、5人のスクールキャストが参加し、授業をフォローしながら一緒につくってくれました。
「上手に教えるのは難しいなと感じた」「ただただ楽しかった!」 「あまり生徒と主体的に絡めなかった」などなど、大人にも学びがある機会。

皆で楽しみながらいい時間を作れるよう、引き続き精進してまいります!

スクールプロジェクトファシリテーター
ぽす