コモンビート事務局からのお知らせです。

第60期鹿児島100人100日プログラムのコアスタッフ(プロデューサー/ 演出/キャストキャプテン)が決定しましたので発表します。

第60期鹿児島コアスタッフ

<60期鹿児島>
■プロデューサー / 小川彰(おがしょー)
■演出 / 山下めぐみ(めぐ)
■キャプテン / 新留潤(じゅん)

コアスタッフの意気込みをご紹介します。

■プロデューサー/ 小川彰(おがしょー)
19才の時、生き方を迷っていた僕は地球一周の船旅に出ました。そこでA COMMON BEATの作品に出会い、作品をつくる過程で個性あふれる一人ひとりが違いを認め合い輝くことが尊いことだと学びました。

その後コモンビートという団体が生まれ、8年前の九州上陸を経て、3年前には念願の地元鹿児島での公演が叶いました。これまで14回プログラムに参加してきて、今、僕が感じるのは、「やりたい気持ちが参加資格!」という誰にでもチャンスがあるというウェルカムな姿勢、そして自分らしく生きていいんだよ!というメッセージを伝えてくれる場であるコモンビートが大好きだということ、そして、コモンビートが目指していることがこの社会のいろんなところで実感できたらと感じています!

100人が100日を共に過ごすからこそ体験できるプログラムの素晴らしさを一人でも多くの人に感じてほしいです。
鹿児島のプログラムで初!地元鹿児島の3人がコアスタッフとして鹿児島から日本中を元気にしていきます!
100日後にかけがえのない仲間が増えていますように!

■演出 / 山下めぐみ(めぐ)
コモンビートのプログラムを通して感じた、
人・地域・社会・世界・そして自分。

100人の仲間や空間に触れる事で、
まだ見ぬ知らない自分に出会えたり、
誰かの心のワクワクや感動する心の一部になれるように、みんなでたくさん「チャレンジ」していきたいと思います!!

そして40期、50期と繋がってきたこの大切なバトンを、この60期で未来へ繋いでいきましょう!

スパイスいっぱいの演出として、300日間走り抜けたいと思います!!

■キャプテン / 新留潤(じゅん)
「また鹿児島でコモンビートをやりたい!」

その気持ちだけでコアスタッフに応募しました。
最初は自分がキャプテンをするなんて想像もしてませんでしたが、多くの人にコモンビートの世界を体験してもらいたい・また自分もキャストとして同じ舞台に立ちたいという気持ちからキャプテンに立候補しました。

自分はコモンビートの魅力は、“人”の魅力だと思っています。
プログラム中でも舞台上でも、ひとりひとりの個性や人柄が感じられるところが好きです。
60期鹿児島にどんな個性が集まるか今からすごく楽しみです!
個性を知り、認め合い、そして成長する。
そんなプログラムでありチームづくりにしたいと思っています。

他のコアスタッフ、そして今から集まるみんなと一緒に鹿児島を熱く熱く盛り上げます!

———————

以上、この3人がこれからはじまる60期鹿児島のプログラムをつくっていきます。 どんな100日が生まれるのか?お楽しみに!

第60期鹿児島ミュージカルプログラム概要

プログラム期間:2020年10月〜2021年2月
日程:2021年2月12日(金)・13日(土)
会場:宝山ホール
主催:NPO法人コモンビート
協力:Up with People

お問い合わせ

NPO法人コモンビート
「A COMMON BEAT」ミュージカルプロジェクト
第60期鹿児島100人100日プログラム
core60@commonbeat.org