こんにちは!!
しそです!!
1ヶ月にわたるフィリピンでの滞在も終わり、
今からアメリカに戻ります!

フィリピンでの滞在の1ヶ月の中14日間、
毎日朝から夕方までを同じコミュニティサービス(ボランティア活動)の場ですごしました。
アメリカでのコミュニティサービスは、
一日や半日など、単発の活動が多かったので、
こんなに長期間同じ場所に通い続けたのは初めての体験でした。
私が通ったのはスラムエリアの自立や運営を目指すファンデーション。
その為、毎日同じスラムに通いました。
初めてスラムエリアを訪れた瞬間は、
「これ絶対旅行だったら足を踏み入れちゃいけないエリアだ!」って体が反応してるような地域でした。
でも一歩足を踏み入れてみると、
大人も子供も最初はこわごわと、でも徐々に満面の笑顔で私たちを迎え入れていくれる。
週末はあえなくて、ものすごく寂しかった。
だから週明けに会えるときはさらに飛び切りの笑顔で迎え入れてくれる!!!
朝から子供たちとゴムとびや鬼ごっこをした日もあれば、
100家族近くの家を回って、その家族の状況調査(収入状況や子供の教育環境など)
をした日もありました。
その他にも、子供たちに勉強を教えたり、各国の文化や伝統をプレゼンしたり、
子供たちと一緒に、町を大掃除したり。
総時間数にするとたったの14日間でしたが、
お互いがお互いを知ろうとする強い気持ちが、私たちの距離をすごく近くしてくれました。
そして、段々とまるで本当の家族のように同じ時間を過ごすようになりました。
暑い時期の活動だからこそ、お昼ご飯を食べた後に、
コミュニティリーダーのお家でみんなでお昼寝をすることが日課でした。笑
「涼しいうちに動いて暑い時間は寝る!」その時間の使い方が大好きでした。
「コミュニティサービスエリアに対して私たちは何ができるのか?」
毎日考え続けた日々があったからこそ、フィリピンでのショーでは、
歌やダンスに混める想いが違った。
特にコミュニティサービスエリアの人を招待したショーは、
本当にみんなの気持ちがひとつになってた!!
そう感じれたことがすごく嬉しかったし、本当に心地よかった!!
私たちにとって、このフィリピンでの経験は本当に大きい☆
そしてこの体験が、このあと2ヶ月の生活にどう影響してくるのか?
それが楽しみです!!
明日からアメリカのカリフォルニアでサマーキャンプに参加してきます!
サマーキャンプってあまり何するのかわからないけど、
みんながワクワクしてるから絶対楽しいに違いない!!笑
楽しんできま~す☆