uwp_hanabi.jpg
じゅりです!
ある日のモールでのBTS(ミニショー)が終わった後の話。
この日、私にとって新しい自分を見る日となりました。

ショーの片付けも終わり、
クタクタの私はショーを観に来てくれたホストブラザーのポンチと、ルーメイトのソンニャ(ドイツ)、シシリア(ブラジル)とすぐ帰るつもりでした。
が、ごはんを食べて映画を観てから帰るとのこと。
ふむ。
疲れてるからすぐ帰りたいけど、おなかも空いてるし まぁいっか!
映画もまだUWP中に観たことないから、せっかくの機会だしまぁいっか!
私「じゃぁご飯はどこ行く??」
ソンニャ「ちょっと待って」
私「あ、分かったー。」

私「もう行ける?」
ソンニャ「もうちょっと待って」

…ん?
なかなか動かないなぁ。
ほかのキャストと話し込んでる。
私「何してるの?いつ行くの?行かないの」
ソンニャ「ちょっと待って(若干逆ギレ気味・笑)

さらに待つこと15分。
私のおなかももう限界。。
おなかすいたーー!!(笑)
おっと、
話し合いの結果、どうやらご飯だけ食べて帰るようだ。
映画は観ないらしい。
なんだ、せっかく観る気分になってたのに。
まぁ早く帰れるんだからいっか!(切り替えが早い・笑)
私「じゃあごはんどこ行く?もう行ける?」

さらに待つこと15分。。
そろそろお腹の空き具合も、待つのも限界に…
と思ったら
おっ!ついに動き始めた!!
ほかのキャストも8~9人一緒かぁ!
何食べるのかな~?
何でもいいからとにかく何か食べたいなぁ~♪
…ん?!
今キャストからボーリングって言葉が聞こえた。
あれ??
私たちが向かってる先にボーリング場が見える!(笑)
「え?私たちってボーリングに行くの?」
「そうだよ!」
聞いてな~い!!!
ここで、おなかがすいているせいもあって、私の怒りの感情がMAXに…
と、ちょうどそのとき
「How are you?」
と話しかけにきてくれたキャストのジョエラ(オランダ)に私は、
「I’m angry.」
と思わず答えた。
するとジョエラは、
「Are you hungry?」
(笑) いや、確かに似てるけど違う。私は怒ってるんだ!
「No.I’m just angry.」
「Hungry?」
「No!!Angry.」
ここで私の異変に気づいたジョエラは、ボーリング場に入っていく他のキャストを呼び止める。
私はボーリングをする気分になれず、
「I don’t wanna play bowling.Can I stay over there?」
とそこら辺でブラブラ時間をつぶすことにした。
普段怒ったりしない私の姿におどおどするキャストたち(笑)
そしたらルームメイトのソンニャがボーリング場から出てきて事情を聞きにきた。
ソンニャ「What’s wrong?」
私「Me and Ponch were waiting for you guys so long time.And I asked you many times where we are going.But nobody told me!!You have to tell us where we are going.I didn’t know!!」
と、ちょっと涙目になりながら一人怒る私。(笑)
「長い間待ってて、しかも何度もどこ行くか訪ねたのに誰も答えてくれなかった。どこ行くか決まったのならせめてどこに行くか私たち全員に伝えるべきだ!」
みたいなことが言いたかった。
ちゃんとした英語じゃないけど、とりあえず伝わるは伝わるみたい。(笑)
そうしているうちに、ボーリング場内にいた他のキャストも全員出てきた。
そして、
「みんなが一緒じゃなきゃ意味がないから。ごはん食べに行こう!」
って、いや、私はただ一人でブラブラしたかっただけなんだけど…
そんな大ごとにするつもりじゃ…
「No no no~!! I just wanted to say…. You can play!!Don’t care me.」
って伝えたけど、もう何を言ってもボーリングをする感じではなくなってしまった。汗
というか、「お腹すいてるからボーリングに行きたくない」みたいになってる?(笑)
(確かに、おなかがすいてることが怒りやすい状況にさせてたのはあると思うけど…笑)
結果、ボーリング大会はご飯会に変更☆
私の本意(「どこに行きたいか聞かれてないし、せめて決まったなら伝えるべきだ!」)が全員に伝わったかは若干不明だけど、
これ以降、ルームメイトはちゃんと情報を教えてくれるようになりました!
私も自分からどこに行くかとかを確認するようになりました。
(今までは、もともとの性格上、けっこう黙ってついていくことが多かった)
みんな、せっかくのボーリング大会、ぶち壊しちゃってごめんね(笑)
あんまりこういう風にしてしまうの好きじゃないんだけど。。
でも、自分の感情を素直に出せるようになったのはいいことだー!!
って勝手に開き直ってマース♪
ではまた~!