「オンライン報告会は、人の表情や反応が分からないから、、」と避けていましたが、初めてのオンライン報告会に挑戦しました!

なんとコモンビート関係者もそうでない人も約40人の方に参加していただきました。対面の報告会なら参加できないような遠方から参加してくださる方もいて、オンラインならではの報告会となりました。

報告会では、”幸福留学”をテーマにこれまでの活動、なぜUp with Peopleに参加したか、プログラムを経てこれからどう次の目標に繋げて行きたいかという話を主にしました。その他にも参加者同士の交流の時間をつくりました。

初めてのオンライン報告会でしたが、私自身とても楽しい2時間を過ごすことができました。

「今まで留学というと語学を学ぶためというイメージが強かったのですが、自分がそこでやりたいことを実現する留学もかっこいいなと思いました。」
「今年のUp with Peopleのプログラムが中止しまってモチベーションが落ちてたけど、今回の報告会に参加をして、やっぱり行きたい気持ちが溢れてきました!」
「これまで漠然と海外に行って自分の視野を広げたいと思っていましたが、それ以上のことをもっと求めていいんだ!とカルチャーショックを受けた気分です。自分の人生設計のために行く、今やりたいことを今やる、という言葉が響きました。」

など沢山のご感想をいただきました。

一番初めのブログに書いたように、幸福度をキーワードにUp with Peopleに参加してきました。
①ITなどを勉強しているエンジニア視点を持って、舞台をパフォーマにもオーディエンスにも心地の良い場作りを勉強する
②国による幸福度の差、国民による幸福度の差を観察する
③心地のいい場所作りの仕方を実験する。

主にこの3つの取り組みをしました。

その中で「日々なにかに挑戦する・熱中する」ことが自分自身で幸福度を向上させられると考えます。幸福度について知識を深めれば深めるほど「人の幸福」とは奥深いものだなと感じました。

報告会を通して、自分自身の考えを整理することができる良い機会になりました!

木村莉子(りこ)