2004年に設立したコモンビートは、昨年15周年を迎えました。

とはいえ、まだまだ成長盛りのお年頃。
次の15年を見据え、団体としてもう一皮むけよう!とのことで、新たなチャレンジを始めます。
NPO法人サービスグラントさんのお力を借りて、「事業評価」に取り組むことになりました!

簡単に言えば、「コモンビートの活動の価値や成果を客観的指標で図ること」そしてそれを「社会に伝えるためのデータや基準づくり」です。

これまでに100人100日ミュージカルプログラムの舞台に立ったキャストは5700人、観客動員は20万人を超えました。

では、それによって社会は一体どう変わったのか。「個性が響き合う社会」というビジョンに果たして本当に近づいているのか。

そう問われれば「‥そう信じてます!」と答えることしかできなかったのが、これまで。NPOあるある、「現場の活動にいっぱいいっぱいで広報や数字の分析にまで手が回らない」結果、「やったことある人にしかその価値が伝わらない」

コモンビートの文化としても、これまで敢えて明文化や定量化してこなかった「人の変化」という価値をを、新たな形で表現することに挑戦します。

 

先日、さっそくそのキックオフMTGを開催!
サービスグラントさんから選ばれたプロボノチームの方々と対面し、プロジェクトのゴール設定や認識共有を行いました。
ビジネスアナリストやマーケターの方々のするどい質問に頭がフル回転しつつ、雰囲気としては終始和やかで、あっという間に2時間が経ちました。


MTGの内容をそのままグラフィックレコーディングに!

 

プロボノさんとこのようなカタチで協働することも、コモンビートにとっては新たな試みで、わくわくしています。

11月まで随時レポートしてきます。どうぞお楽しみに!

 

事務局長 花宮香織(はな)