コモンビートは、2013年の九州初開催から毎年、ミュージカルプログラムを博多・久留米・鹿児島にて開催しています。

今回は来年1月に公演を行う次回「54期久留米プログラム」の運営スタッフが27名集結!

全国で活動している100人100日ミュージカルプログラム。
普段は学生や会社員をしている有志のメンバーによって、その運営は行われています。
スタッフは100日プログラムのさらにその100日前から集まり、プログラムの成功に向けて200日を駆け抜けていきます。

顔合わせでは簡単な自己紹介から、コモンビートという団体について改めて知り、そして、ここに集まったみんなでどんなチームをつくっていくのかを話しました。

この1日で考えた54期スタッフが目指すチーム像は‥

自分で考えてひとりひとりが動き、信頼し合える関係性を目指す。
そして、ユーモアたっぷりメリハリつけて歩んでいく。

申込したときは1人。その1人1人が集まってチームとして走り出す。
自分一人ではできないこともできるかもしれないという期待、反対に、他と比べてできるかな?と不安になることもあります。
そんな気持ちも全て含めてまるっと楽しめたらいいよね、と話しながら、
みんなが目指すチームに向かって歩んだ時にどんな200日が生まれるのかが楽しみです!

このミュージカルプログラムは毎回スタッフが集まることで、活動が続いています。
人がいなければつながらない活動だからこそ、関わってくれるスタッフみんなにも意味のある200日が生まれることを期待しています。

同時にこの1日でスタッフみんなから大きなエネルギーや勢いを感じられました!
これからこの54期久留米のメンバーがつくる200日をお楽しみに!

太田郷子(ごーちゃん)