あっちゃんです。
3カ国目はスウェーデン!

★Today’s word
Saying goodbye and meeting new people, that’s the life.

メキシコからスウェーデン、全然違う雰囲気!
今回はわたしが感じたスウェーデンの文化を6つ紹介します♪^ ^

1. fika
スウェーデンには、フィーカというコーヒータイムがあります。
仕事をしていても、少し手を止めてみんなでコーヒーとスイーツを楽しみながらおしゃべりする時間はのんびりできて最高!
uwp1030_1

2. Winter time
季節によって日照時間が変わるので、冬は決められた日にwinter timeに切り替えて時間を1時間戻します。
2016年は10/30。
深夜3時を深夜2時に戻したので、1時間長く寝ることができました。
なんだかお得ー!
ちなみに夏はその逆で、1時間早まるそうです。
uwp1030_2

3. じゃがいも、たくさん!
ディナーの主食はじゃがいもかパスタ。
ほんの時々、パンや米。
おばあちゃんにスウェーデンの代表的な料理を作ってもらいました。
ハンバーグみたいでめちゃおいしい!
uwp1030_3

4. 朝食の時間を大切に
1日の始まり、朝食を家族で囲む時間を大切にします。
朝起きるのは苦手ですが、1日が始まる準備をしているような気持ちになれてすてき!
uwp1030_4

5. 牛乳でもなく、飲むヨーグルトでもなく
似たようなパッケージが並んでいて、牛乳と思って注いだら飲むヨーグルトみたい。
でもそれよりもヨーグルトっぽく、でも固すぎず…新しい飲み物!
uwp1030_5

6. 灯りはキャンドル
これは私がお世話になったホストファミリーだけかもしれないけれど、夜は電気をつけずキャンドルを灯して過ごしました。
夜に電気をつけない生活は初めて。
外の暗さに合わせて過ごしてみると、とても心地よくて、新たな発見でした。
uwp1030_6

スウェーデンの時間は、なんだかゆったり流れています。
自然に身を任せた過ごし方が、わたしにはとても心地よい。

日が落ちるのが早く、気分も落ち込みがちになるのかなーという想像でしたが

季節を楽しんでいる生活スタイルや文化、穏やかさがスウェーデンの魅力です。

とても良くしてもらったので、ホストファミリーとのお別れは寂しいー!

Saying goodbye and meeting new people, that’s the life.
(さよならを言って新しい人と出会うのが人生だよ。)

そう言って、見送ってもらいました。
今回のお別れは特に悲しかったけれど、すてきな家族が増えてとても幸せです。

次はスウェーデンでも小さな街、シグトゥーナへ!

あっちゃん