サワディーカ。
関西からタイツアーに参加したあかねちん(浅田茜)です。

すっかり寒くなった日本。タイが恋しくてしゃーないです。

さてさて、タイ5日目はお待ちかねのフリーデー♪
わけん(渡部健)、もも(中島桃子)、オサ(長紘子)、まる(村岡真梨)と一緒にアユタヤへ行く事にしました。
アユタヤへのツアーあったけれども、こちら5人は自力で電車でアユタヤに行きたい!って事で別で向かう事に。

まずはホテルからファラムボーン駅までタクシーで移動。
タクシー内では、『一等車両から三等車両まであるらしいで』
『そりゃ、一等車乗るでしょ』
『駅弁あるかな』と、非常にワクワクしつつ駅に向かいました。
が、駅員さんより
『特急今行った所。次の電車やと3~4時間かかるでー』
と言われ、あえなく電車の旅は断念…。
結局タクシーでアユタヤに向かいました。

タクシー内で行きたい所を決めました。

結果…

1、木に顔が埋まってる所
2、寝転んでる仏像がいる所
3、象に乗る

と言う3つのミッションを遂行する事に。

まずは木に顔が埋まってる【ワット・プラ・マハータート】
この寺院はビルマに略奪された悲しい過去を持っている寺院で至る所に頭のない仏像が並んでいました。
また、傾いたり、崩れているレンガ積みの仏塔もたくさんありなんとも言えない風景でした。
全く歴史を知らない私ですら、しんみりとした気分になりました。少しだけ…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次は象に乗りました。悠々30分。
壮大な草原?の中を象に揺られて優雅な気分を味わったつもりですが、
個人的にはペシペシ頭を叩かれてる象が可哀想で気が気でならなかったです…。
いや、でもタイの醍醐味象乗りが出来て満足でした。

image (1)

いい具合にお腹も空いてきたのでランチタイム。
川海老が食べられるお店に行きました。
この川海老、想像以上においしい。自前の醤油かけたら更においしい。
私の中でタイツアーおいしいランキング上位3位内にランクインです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お腹も満たされ次に寝転んでる仏像がある【ワット・ローカヤースッター】へ向かいました。
ガイドブックでは黄色い服を着てる写真が載っていたのですが、

今回は着ておらず見た瞬間は
『思ってたんとちがーう!!』という感じでした。
仏像と同じポーズをするのは禁じられているので寝転んでる写真は撮れず、
代わりにオサ(長紘子)とわけん(渡部健)のストリートファイターごっこの写真を撮ってきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

と、ここまででアユタヤでのミッションは完了です。

が、時間にまだ余裕がありました。
すると、タクシーの運転手さんより
『いやいや、あんたらアユタヤ来てここ行かへんとかないでぇー』
(温厚な運転手でしたので、こんな言い方ではないですが…)

と言って【ワット・プラ・シー・サンペット】へ連れて行って貰いました。
確かに!絶対ガイドブックに載ってる所やん!!!

この寺院にはアユタヤ王朝の王のうち3人の遺骨が納められているそうです。
アユタヤで最も重要な寺院だとか。
そして、最後に金で覆われた仏像を拝んで帰りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

とにかく歴史に無知なわたしですが、これを機に調べてみようとそう思わせてくれるアユタヤでした。

あかねちん(浅田茜)