ミュージカル参加希望の方へ

ワークショップ「世界がもし100人の村だったら」

mini_IMG_7162

開発教育協会/DEARの教材「世界がもし100人の村だったら」を使ったワークショップです。メールメッセージで広がった「世界がもし100人の村だったら」を題材に、体験的に世界の「多様性」と「貧富の格差」を学ぶことができます。DEARの理事も務める当団体の発起人/理事の韓朱仙が講師を務め、世界のことを身近に感じるきっかけを生み出します。学校訪問での授業の他、コモンビートが主催するグローバルワークショップ、100人100日ミュージカルプログラム内でも実施しています。

参加された方のご感想

・貧富の差の大きさにすごくショックを受けました。関心を持つことで何か今後の行動に影響を与えられると思いました。(20代 会社員 男性)

・なんとも胸が熱くなりました。日々の生活に追われて、大切なものを見失うので、思い起こしの場となりました。(40代 会社員 女性)

・疑似体験でしたが、机上の空論、数字以上の効果を感じました。知識から実感へ。それが気づきになり、学びになりました。(60代 会社経営 女性)

・”目からウロコ”でした。周りのことに無関心にならないよう、まずは”知ること”を目標にアクションを起こしてみようと思います。(30代 会社員 女性)

・短い時間にたくさんのインパクトを受けてしまって、心がぐらぐら揺れています。(20代 公務員 男性)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
ミュージカル体験会
Up with People
アメリカのNPOが実施する「国際教育プログラム」への参加を支援しています。
スクールプロジェクト
小学校から高校まで、多彩なプログラムをお届けします。» お申込みフォーム
9/28(木)19:30~上映 タイトルは・・・

LINE@始めました!
毎月11日にお届け!»詳しく
PAGETOP
Copyright © COMMON BEAT All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.