新型コロナウイルス感染症をめぐる状況が厳しさを増していることを受け、理事長の安達亮より、コモンビートの活動に参加・応援してくださっているみなさんに向けて、活動状況と組織運営状況についてお伝えいたします。


コモンビートの活動に参加・応援してくださっているみなさんへ

新型コロナウイルスにより、お亡くなりになられた方のご家族の皆さまに謹んでお悔み申し上げますとともに、罹患された方やそのご家族・関係者の皆さまには深くお見舞い申し上げます。

コモンビートは「個性が響きあう社会へ」の実現をスローガンに掲げ、表現活動によって自分らしく・たくましく生きる個人を増やし、多様な価値観を認め合える社会の実現を目指しています。ミュージカルを代表とする「表現活動」は、人と人が対面して交流することを大切にしてきました。ただ、この新型コロナウイルス感染拡大の状況下においては、3密を避けられず、コモンビートのメンバーが全国を飛び回って活動することも感染拡大の引き金になりかねないため、自粛しなくてはいけません。今は、命を守るために、意志をもって活動を「制限する」必要がある段階であると認識しています。ただ、そのことによって、コモンビートが持つ価値を社会に届けられないことへの悔しさ・歯痒さ(芸術文化・表現教育の衰退危機)も同時にあります。活動が制限されてもなお、方法を工夫しながら、「個性が響きあう社会」を目指し続けることに挑戦していきます。

現時点(4月22日現在)の活動状況と組織運営状況等について、以下にご報告します。

プロジェクト・活動について

ミュージカル、お祭りビックバン、スクール、アジアンビート、UWP参加支援制度については、対面での交流を伴うため、今の状況下では、なかなか活動ができない状況にあります。基本的にはそれぞれのプロジェクトで中止または延期の判断をしています。現在、この状況下でもできる表現活動(オンライン等)のカタチを模索中です。来年2月には60期鹿児島、3月には61期静岡のミュージカルが控えています。状況を見ながら準備を進めていきます。

組織運営について

事務局スタッフや関係者の健康を守り、また社会の一員として新型コロナウイルスの感染拡大防止に協力するため、3月後半より在宅勤務を中心とした勤務体制(一部休業含む)に切り替えています。日本政府による4/8からの緊急事態宣言発令を受けて、事務所閉鎖期間を5/6まで延長しています。全国での活動を支えるために、事務局ではもともと在宅リモート勤務を取り入れていたので、これまでのところ大きな支障は出ていません。ただ、事務所への出勤が必要な業務に関しましては遅れが生じる場合がありますので、ご了承ください。事務所の電話は転送して対応しています。

経営・財務状況について

年内のミュージカルプログラムの中止を決定したことにより、年内の事業収入は大きく減少することになります。既に多くのご心配をいただいておりますが、16年間の活動によって適切に貯蓄をしてきており、今後の財務面の検証を行った結果、当面のあいだは資金が確保できている状況です。今までの活動を支えてくださったみなさんの力によって、このような事態においても、耐えうる体力を持てていることに改めて感謝申し上げます。ただ、いつ終息するかはまだ見通しが立たないため、残念ながら感染拡大が長期化してしまった場合には、厳しい状況になることは確かですので、その際にはクラウドファンディングや緊急募金等を実施する可能性があります。ぜひご協力いただければ幸いです。

今後(未来)に向けて

新型コロナウイルスの終息がいつになるかはまだ不透明です。この状況以前と終息後ではまったく違う世の中になるでしょう。今まで16年間の活動で見出してきた価値を信じながらも、これから先の未来において必要な価値も追求して行かなくてはいけません。対面での直接的なコミュニケーションを大切にしてきましたが、これからはオンラインでのコミュニケーションとハイブリッドさせていかねばならないかもしれません。「個性が響きあう社会」の実現に向けての活動であることは変わりありませんが、その方法・手段は改めて考え直す必要があります。オフラインをオンラインにするだけではなく、もしかしたら「ミュージカル」に代わる活動を生み出して行かなくてはいけなくなるかもしれません。そのくらい既成概念を取っ払って再構築していきたいと考えています。表現や教育の担い手として、そして市民活動として役割を果たしていきたいと気持ちを新たにしております。

最後に感謝とお願い

いつもコモンビートの活動に参加・応援しててくださり、本当にありがとうございます。全国のみなさんとのつながりが、こんなにも有り難く、頼もしいことなのだ!と日々感じています。どのような状況になっても、きっと誰かが支えてくれる!と信じて、活動の歩みを止めず、試行錯誤しながら社会に価値を提供できればと思っています。ぜひこれからも一緒に活動をしてくだされば幸いです。

ありがたいことに「今できることない?」という声を多数いただいています。上記のコモンビートの状況を踏まえた上で、更に応援していただけるなら、とても嬉しいです。2つのアクションをご紹介させてください。

①「がっつりバディ」に加入する!

コモンビートの会員になってください!それがまさに「応援」になりますし、今は「がっつりバディ村」というオンラインコミュニティ(Facebookグループ)もありますので、全国のつながり・交流創出にもなるかと思います。コモンビートは市民活動ですので、市民活動参加のひとつとして選んでいただけたら嬉しいです!

▼「がっつりバディ」入会ページ
https://commonbeat.org/joinus/member/

②シンカブルで「バースディドネーション」または「寄付」する!

コモンビートでシンカブル(Syncable)というサービスに登録しています。寄付先をコモンビートに、誕生日プレゼントとして寄付を求めるページを簡単につくれます。何かの代わりに寄付を集めるページも作成可能ですので、ぜひ活用してみてください。単体の寄付も受付ています。

▼バースデイドネーション
https://syncable.biz/associate/commonbeat/campaign/create

▼寄付ページ
https://syncable.biz/associate/commonbeat/donate/


いつも応援ありがとうございます。なかなか窮屈な時間がつづきますが、終息を信じて、また心を開放し踊らせる日々が戻るときのために活動を続けていきます。みなさんもまずはステイ・セーフでステイホームでいてくださればと思います。最後に、医療従事者など感染拡大予防のために最前線で働かれているみなさまに感謝申し上げます。

NPO法人コモンビート
理事長 安達亮