コモンビートは、表現活動によって自分らしく・たくましい個人を増やし、多様な価値観を認め合える社会の実現を目指すNPO法人です
ミュージカル参加希望の方へ
ニュース&ブログ

事務局

vol.16「食べ物と人間の密接な関係」

食べ物の好き嫌いが多い人は、人間関係でも好き嫌いが多いと聞いたことがある。 食べた物で体が作られるのだから、そこには密接な関係があるのだろう。 現代の野菜や果物は、色や形が良くても味がうすい。昔は、形はどうであれしっかり …

vol.15「気になる“気”」

?日常の生活で「気」という言葉はたくさん使われている。 気をつける、気が利く、気遣い、気を落とす、気を配る、気にする・・・ 活気、生気、精気、神気、鋭気、壮気、覇気、景気、気力・・・ 「気」で人間は動くのだろうか。武術を …

vol.14「十月十日で“朝”。毎朝が新たなスタート!」

?人間の赤ちゃんはお母さんのお腹に十月十日(とつきとおか)宿り、この世に誕生する。 「朝」という漢字を作った人はきっと、毎朝が新たなスタートだと言いたかったんだろう・・・ 何回でも生まれ変わり、何回でも復活し、何回でも新 …

vol.13「いのち、いただきます」

朝食?焼き魚にご飯、豆腐のお味噌汁 昼食?ベーコンエッグバーガー 夕食?そうめんとローストビーフのサラダ 豚、鶏、牛、魚・・・私は一日に多くの生きものの命をいただいている。直接自分の手で殺していないので「いのちをいただい …

vol.12「品の山で“癌(がん)”。ぜいたくしすぎは病気のもと」

?物があふれている日本。たくさんあると大事にしようという気も薄くなりやすい。すべてのものは、何かの犠牲のもと作られていることを忘れないでいたいと思う。だから私は、感謝の気持ちを持って物にも声をかけるようにしている。 「目 …

vol.11「それでも歩けば前にしか進まない。」

?人間は、物事を否定的に捉える傾向が強いという。 はたして本当にそうなのだろうか。 私はそれでもあえて前向きだと信じたい。 だって歩くと前にしか進まないんだもの。 落ち込んでいる人が歩いたらうしろに進むのか? いや、やっ …

vol.10「働く子どもたちの瞳」

?渋谷にある国連大学で開催されている写真展に立ち寄った。アジアの発展途上国の子どもたちが働く姿が紹介されている。漁船に氷を積み込む少年、マッチをつくる子ども、紡績工場の流れ作業、サッカーボールの皮を縫い合わせる仕事、農作 …

vol.09「使えば使うほど減るものと増えるもの」

?お金は使えば使うほど減る。 消しゴム、えんぴつ、シャンプー、リンス・・・物も減る。 食べ物も食べれば減る。 目に見えるものは、使えば減ったり、すたれてしまったりする。 じゃあ、使えば使うほど増えるのって何だろう・・・ …

vol.08「気を配るで“気配”」

?電車の中、福祉の勉強に夢中になっている大学生がいた。目の前にお年寄りが立っているのにも気づかずに、彼女は座ってテキストに夢中になっている。 気配を察することができれば、席を譲れたはずなのに。それとも勉強と、点数にならな …

vol.07「“困難”も慣れると“普通”になる」

?「ストレス」という言葉がなかった時代のほうが「ストレス」が多かったと思う。 たとえば原始時代、獲物狩りに「死」を覚悟で出かけ、得られなかったら家族が餓える。なんてストレスを抱えた生活だったのだろう・・・昔の人は、「死」 …

« 1 74 75 76 »
ミュージカル体験会
“がっつりバディ”
現在2019年度会員『がっつりバディ』を募集中です!
Up with People
アメリカのNPOが実施する「国際教育プログラム」への参加を支援しています。
スクールプロジェクト
小学校から高校まで、多彩なプログラムをお届けします。» お申込みフォーム
毎月11日にお届け!»詳しく
PAGETOP
Copyright © COMMON BEAT All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.