新地域立ち上げに、初めてとなる台風による公演中止に‥いろいろあったコモンビートの2019年。

皆さんから頂いた推薦投票をもとに、その中でも特に活躍してくれたメンバーを先日のコモンビートアワードオンラインで発表させていただきました。
受賞者のみなさん、おめでとうございます!!!

こうしてご紹介できるのはほんの一握りの方です。全国のみなさんのチャレンジや活躍があって、コモンビートは16年目も活動することができました。
本当にありがとうございました!そして、来年もよろしくお願いします!

※以下、順不同

コモンビートアワード2019表彰

ゴーゴードリーム!賞
内原こずえ(うっちー) / 50期鹿児島プログラム
100日常に努力を欠かさず、誰とでもコミュニケーションを丁寧にとり続けたうっちー。舞台の上ではもちろん、私生活も輝き、50期のテーマである「ドリーム」を実現するために歩み続け、ついにカフェをオープン!想いを体現できる力強さに多くの人が力をもらっています!

地元愛で熱く燃えたで賞
後藤みゆき(みゆき) / 49期静岡プログラム
生まれ育った大好きなまち「浜松」を盛り上げたい、という底しれぬ情熱で、49期を0から立ち上げ切り、キャプテンとして誰より情熱を発信し続けた。最後の最後まで一貫したみゆきの想いは、アンコールでのスピーチでも多くの人を感動させた。

小さな巨人で賞
金谷有里(あり) / 52期名古屋プログラム
彼女が居なければこの舞台が成り立たない場面が何度もあったはず。自分から行動できる凄くかっこいい女性!パフォーマンスにおいても、大きな声で相手に伝えようとする姿勢やお客様へのアピールが素晴らしく、キャストへの影響を与えてくれていた。将来の夢は【社長】のまさに小さな巨人で賞!

次世代期待!ルーキー賞
井上琢磨(おどきん) / お祭りビックバン にいがた総おどりプログラム
にいがた総おどりで大活躍したルーキー!自主練への積極的な参加や周りを盛り上げつつも、話すといたってまじめとの評判です(笑)57期新潟プログラムでの活躍にも乞うご期待!

表現力を吹き込んだで賞
宮下佳子(みよし) / 53期関西プログラム
愛くるしい笑顔と、しなやかで美しいスピリット姿に心奪われた人はたくさん!人知れず努力し続けるストイックさで仲間に刺激を与えました。赤テーマを中心に、53期のパフォ-マンスを引っ張る要でもあったみよしの今後の活躍がとても楽しみです!

満席にこだわり続けたで賞
大村久恵(ひさ) / 50期鹿児島プログラム
ひさなくして満席無し。と多くの人が認めるチケ部リーダー。公演までできることはやる!と時間も労力も惜しまず満席にこだわり続けたかなりの「しぶとさ!!」49期静岡と50期鹿児島をつなげることにもこだわり、距離を超えた地域のつながりも生み出してくれました。

チャンスを自ら掴みにいったで賞
村山 菜々子(なな) / 49期静岡プログラム・第四期学生インターン
CB1ソロを務めながらもプログラムに一生懸命参加するうちに、コモンビートのことをもっと知りたい!とネットで情報誌「オルタナ」を見つけ出し購入。また、県外初のインターン生にも立候補!どこにそんな情熱が!?と思わせるほどかわいらしい雰囲気とのギャップ、そして悩みながらも等身大で前に進む姿にみんなが応援したくなる!

いっぱいサポートしてくれたで賞
豊田 恵(マルコ)/ 49期静岡プログラム
初キャストにも関わらず49期の会場決定前から立ち上げを強力サポート。「できることはします」と遠慮がちな発言とは裏腹に、数千枚のチラシ配布などキャスト集めに貢献。「自分の子どもみたい」と愛情いっぱいで100人の心と身体をメンテナンス。お世話になったキャストは数知れないマルコ家の宿は、現在も人が集う場となっている。

畑 友恵(ぱたこ) / 49期静岡・52期名古屋プログラム
52期の裏で、公演への招待活動を強力サポート。表からは見えにくい仕事であるが、抜群の責任感で確実に丁寧に地道に。49期でも遠方にも関わらず平日も足を運びサポート。毎日のインスタ更新など地道な作業を、情熱を持って最後までやりきってくれた。

県庁の星で賞
飯塚壮平(づかちゃん)・ 小森嶺(こもれい)・片貝仁起(ばず)/ 51期群馬プログラム
初キャストとは思えないほどに各大陸を引っ張った3人は、みな群馬県に務める公務員♪県庁トリオとしてみなに愛され、そのまま群馬3期を目指して今は東京55期に通ったり、熱い情熱を燃やし、群馬と東京をつなげる架け橋になってる!まさに県庁の…いや、群馬の星だと思います!

マイ(麻衣)ワールド全開で賞
富樫麻衣(まいまい)/ お祭りビッグバン おどっこプログラム・53期関西プログラム
ひと声発せば一気にワールドに引き込まれる!いつの間にか彼女のペースになってしまうのが不思議な魅力。ほわほわ癒し系なのに、芯が強くて負けず嫌い。発信部でありながら会計を最後までやりぬくガッツが頼もしく、どちらにもみんなのために全力で情熱を注いでくれました。

がっっっつり賞 
服部佑希乃(ちょり) / お祭りビックバン おどっこプログラム・社会人スタッフ
ミュージカルやプログラムの現場以外でもコモンビートに関わりたい!そんな思いで、コモンビート事務局の会員チームに自ら参入!その他にも協賛営業など、裏の裏でコモンビートの基盤にがっつり自ら関わってくれました。

人生、自ら変えたで賞
新留潤(じゅん) / 50期鹿児島プログラム
体験会参加~キャスト決定まで決断できず時間がかかったじゅん!なのに、プログラムスタートからはどんどんキラキラ輝き、積極的になんでも進んで取り組んできました。101日目以降もいろんなことにチャレンジすることを楽しみ続ける姿もキラキラ輝いています!

会社を味方にしたで賞
篠崎真央(まっちー) / 51期群馬プログラム
群馬で2回目を立ち上げたい!そんな想いで猪突猛進まっしぐら!会社の同僚の参加、そして会社からの協賛までもGETし、地域の多くの人を巻き込んで成功に導きました!

全国を愛してるで賞 
小林愛(もやし)・飯塚春紀(ウェイ) / チョーキーズ ウェルキャス担当
ウェルキャス担当として、WCの資料作りから本番運営まで、全国を駆け回って支える名コンビ!全国のつながりを大事にしながら、ウェルキャスの仕組みもアップデートしています♪

愛と情熱で地域を超えたで賞 
青山 久美子(なごみ) / 49期静岡・52期名古屋プログラム
コモンビートの魅力を世の中に発信したい!と学校の先生として「先生を集めた企画を作る」と宣言し、見事有言実行。彼女の行動や発言のベースにはいつも人へ寄り添う想いがあり、49・52期と地域を超えて多くのチケットとともに、多くの人に感動を与えてくれた。

新記録更新 
早瀬 大貴(はやせまん)/ 49期静岡・52期名古屋プログラム
43,49,52期と2度の権力者とCB2ソロを務めながら、チケットでは52期ではなんと一人で250枚超えとなるコモンビート史上最高記録を樹立!到底20代には見えないやり手経営者であるが、コモンビートを世界中の人がやるべきた!と熱い想いで発信しつづけ、58期ではプロデューサーを務める。その情熱と発信力、行動力に今後にも期待大!!

地域MVP

【九州】山下めぐみ(めぐ) / 50期鹿児島プログラム
ベテランルーキー賞
ベテランコモンビーターか?と思わせられる初参加とは思えない存在感と行動力。愛らしい鹿児島弁を操りながら熱く語り、人への愛情が大きく気付けば周りに人が集まっている。50期終了後も鹿児島3期に向けて走り続けている彼女の未来が楽しみ!

【関東】赤石涼帆(りんりん) / 51期群馬プログラム
情熱を絶やさなかったで賞
2017年の初代群馬立ち上げから、2018年の48期東京では群馬2期のためにキャスト外スタッフとして参加し、今回2019年に群馬2期を立ち上げ。溢れるパッションとド天然が共存する愛されキャラで、多くの人を虜にし巻き込んだ!

【中部】渋谷浩貴(チンキー) / 49期静岡・52期名古屋プログラム
誰よりも愛し愛されたで賞
暗い・堅い・不器用だった彼が、43.49,52期でのチャレンジを通じ、「ポンコツ」と言われることにおいしさを覚えるまでに急成長!コミュニケーションを大事にし、誰からも愛される存在へ!持ち前の情熱と行動力でコア決定前から58期の合宿施設まで確保!キャプテンに期待!!

【関西】濱田亜加理(あかりん)・大村陸仁(りく) /  お祭りビッグバン おどっこプログラム・53期関西プログラム
1+1=3で賞
様々なハプニングに立ち止まることなく、熱く明るく、信念を貫いて、全力でチームを引っ張ってくれたプローデューサーと、家族みたいなチームを作りたい!そんな気持ちでキャスト一人ひとりと向き合い、まちがいなく自分から太陽のように周りや社会を照らしたキャプテン。大きな光でみんなを照らし続けてきた二人が、53期の太陽!1足す1が3にも10にもなった名コンビ。

年間MVP

中川純里(じゅり)  / 49期静岡プログラム
出身地でもない県でのプログラムの立ち上げにチャレンジ!圧倒的な発信や行動の積み重ねで地域や周りの人を巻き込み、静岡で初となるプログラムを立ち上げとは思えないほどの大成功に導きました!

特別功労賞

山田淳美(あっちゃん)/ 関西エリアマネージャー
止まることを知らないこの関西のエネルギーの基盤を作った立役者。
冷静な視点とあたたかなフォローで、期と期、地域と地域、そして人と人を繋いでくれました。

白井雅博(MASA)・白井さやか(うめちゃん) /  ミュージカル事業部
ここまで多地域展開するミュージカルの裏側には白井家あり!長年、ミュージカルの裏側の細かい事務やディレクションを担ってくれました。