コモンビート初のオンラインプログラム「Cplus(シープラス)」。
7月5日(日)に開幕した本プログラムは、7月26日(日)に行われた作品発表のライブ配信「Cplus live 2020〜豊かに生きる〜」をもって閉幕しました。

450名を超える方々に観覧していただきました。観覧してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

ドキドキの中間発表からわずか1週間で迎えた本番でしたが、たった1週間でも、それぞれのチームが最後まで試行錯誤しながら作り上げていったことがわかる作品の数々。

身近な「物たち」が話し出す、時空を飛び越える、人生が入れ替わっちゃう!?…..「豊かに生きるとは?」という一つの問いで作品を作っているとは思えないほどに多様な演出や表現方法でした。
しかし、その多様さの中に共通していたのは、キャスト自身がその問いに対して考え抜いた、それぞれの「豊かに生きる」が詰まっていたところです。

作品発表はとにかく「ライブ」にこだわりました。

待っている間の緊張感、ハプニングが起きないか?ドキドキ、舞台を終えたあとの仲間からの温かい声かけなど、全てのシーンや気持ちをリアルタイムで共有できたことで、一体感と大きな達成感が得られました。

本番を終えたあとは、プログラム全体の振り返りを行い、
最後はお決まり「シープラス!」の掛け声とともに写真撮影をして終了!

Zoomの小さな画面の中で、相手の表情を見守り、同時に自分も見守られ続けた一ヶ月間。
初めは緊張の面持ちでしたが、今ではとても表情豊かに表現するようになりました。

予測できない出来事や変化が多いこの時代に、飲み込まれることなく自分らしく表現できるように。
人生を振り返り、仲間たちと価値観を共有し、対話を重ねながら作品を作り上げる過程で、キャストたちは自分と周りの世界をよりカラフルに彩ることができるようになったように思います。

これからもキャスト一人ひとり、そして作品を見てくださったお客さんの人生がより豊かになりますように。

第0期Cplusは終了しますが、すでに次回の開催も決定しております!
ぜひ次は一緒にZoomの舞台をカラフルに彩りましょう!

たくさんの応援、本当にありがとうございました。

スタッフ 上原紗英(ぽす)