コモンビートでは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ミュージカルプログラムをはじめとする今年度に予定していた様々な活動を中止しています。

心にぽっかり空いた穴。行き場を失ったエネルギー。
そこで生まれるはずだった成長や感動や学びを思うと、一同、正直ただただ落ち込みました。笑

いや、待てよ。
ミュージカルをやることが目的ではなかったはず。「個性が響きあう社会」というビジョンを達成するためのいち手段であったはず。

ミュージカルの舞台という非日常ではなく家という日常空間でだって、表現を楽しめないか。
人と人が分断されるこの状況で、人と人とがつながる機会を提供できないか。
プログラムが動いていない今だからこそ、新しいチャレンジができないか。

そこで開催したのが「ゴールデンウィークはごきげんウィーク!おうちで楽しむ表現ひろば」

緊急事態宣言下のGWをごきげんに過ごすべく、5/2-5/6の5日間に渡って、有志メンバーによるオンライン企画を開催!
ヨガ,ダンス,ペン画,トークイベント,読書会,オススメの動画やストリーミングサービス紹介,ラジオ番組まで‥個性豊かな45個の自主企画に、総勢500名以上の方にご参加いただきました!

南は沖縄から北は秋田まで、この16年間でミュージカルプログラムに参加したOBOGが日本全国から、そして、インドネシア,ベトナム,カナダ,メキシコ,スイスなど‥世界中の人とも繋がれる機会になりました。

「コロナの影響もあり家で過ごす時間が多かった中、こうやってみんなと表情を見ながら会話して笑ったり踊って体を動かせたりして、とても充実したGWになりました!」「双方向に会話をしたり一緒に踊ったりするものから、家事しながら聞き流せるものもあって、参加の方法が自由でラクだった」たくさんのご感想をいただきました。

大好評にお応えして、今週末に第二弾を予定しています。トライアルではあるので、がっつりバディ(コモンビート会員)のみなさんと運営スタッフのみなさんを参加対象にしています。
がっつりバディへの入会はこちら

初めてのチャレンジでしたが、「表現」というものの幅を捉え直し、オンラインを活用することによって広がる可能性を実感する機会になりました。
これからも、こんな状況も丸ごと楽しみつつ、こんな状況だからこそ身軽にチャレンジを続けていきます!

事務局長 花宮香織