こんにちは。スクールファシリテーターの村岡真梨(まる)です。

全6回の飛鳥高校での連続授業、3回目に行ってきました!
以前もレポートしたこの学校では、定時制の高校2年生33人に向けて、連続授業を実施中です。今回は3回目の授業で、生徒たちの表情や様子も、だいぶ私たちに慣れてきたようでした。

先生からは、「授業の度に、人数がどんどん減るかもしれません」と、助言いただいていたけど、減ることなく3回目も参加してくれました!相変わらずシャイな生徒さんだけど、とても可愛い子たちです。

全6回の授業では、Queenの曲を2曲繋げて、6回目の授業での発表を目指します。でもそれ以上に、グループで話すこと、みんなでやってみることを大事に進めています。

日本にやってきて数年の外国にルーツがある生徒が半数以上で、承認される機会や自分の話をするコミュニティがあんまりなく、自己肯定感がとても低いと先生たちは話してくれました。

ショー作りという側面だけでみると、なかなか進んでいないように感じられますが、グループで話すことも自己表現、一先ず踊ってみることも、自己表現へのスモールステップになるんじゃないか、と思っています。

グループトークでは、最近嬉しかったこと、ハマってることをシェアしてもらいました。
私のグループでは、オンラインゲームと答える子が半数くらい。そこには仲間がいるようで、すごく楽しそうに話してくれまし。その他にも、パパと2年ぶりに会ったこと、体育でみんなでブラインドサッカーをやったこと、と話す子もいました。それぞれ、嬉しそうに話す様子が印象的で、学校の先生方も、その様子に驚いたと、いつも感想をいただきます!

Queenの曲では、リズム作りから始めて、グループごとにステップや振りを作ってみようという時間を作りました。これにはみんな苦戦していたので、次回以降で少しずつ創作を楽しめるように工夫しようと思っています。

あと3回の授業、「話すって楽しい!身体動かして表現するって楽しい!」と最後に思ってもらえるように、試行錯誤で進めていきます。

これからも応援よろしくお願いします!

スクールファシリテーター
村岡真梨(まる)