こんにちは。ミュージカル事業部の太田郷子(ごーちゃん)です。

先日、1月26-27日に久留米シティプラザにて54期久留米公演が無事に終了しました。
3度目となる久留米での公演。街中でも多くの方から「3回目だね!」「今回も楽しみにしてるよ!」「観に行きます!」と声をかけてくださり、活動がなじんできたことを感じた3度目の公演でした。

まずは4000人近くの多くの方に観に来ていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです!

100人100日ミュージカルプログラムの集大成ともいえる、本番公演。
この公演の2日間で、この54期のキャストから「本気で挑めば人はどこまででも成長していく」ということを実感させられました。

3回の公演を重ねるたびに100人の歌声、表情、そして迫力がどんどん強くなっていくことを感じました。
そこにはキャストみんなの「本気」があったからだと思います。

公演の最後に100人を代表してキャストキャプテンの中島直哉(なかじー)がお伝えした言葉です。

=========
この100日違いに戸惑うこともありました。
でも自分自身を認め、相手と本気で向き合うことでたくさんの壁を乗り越え、たくさんの喜びが生まれました。

何でも本気で楽しむ気持ちが、
この社会を明るく強く照らしていく
そう信じて私たちはこれから歩んでいきます!
=========

このメッセージを公演のなかで、そのまま体現して伝えてくれたキャスト100人の姿を見ながら、この100人の本気がこれから社会でどう生かされていくのかが楽しみになりました。

本気の力ってすごい。
これからの可能性を大きく感じた2日間でした。

ここまでの公演に携わってくださったすべての方に感謝を申し上げます。
本当にありがとうございます。

太田郷子(ごーちゃん)