こんにちは!最近はミュージカルの56期四国プログラムで演出を担当しています、スクールファシリテーターの島林由香(ゆかちん)です!!
先日、東北でスクールプロジェクトを以下の3箇所にて行ってきました。

・女川町立女川小学校(カタリバ コラボ・スクール女川向学館)
小学校1〜3年生(放課後)20名

・石巻市立向陽小学校
小学校5年生79名

・東松島市立矢本第二中学校
中学校1年生105名

2日間で3校、年齢も人数も様々の授業。学年が上になるにつれて、質問に対する生徒の答えや、言葉の伝え方も変わっていくのがとても面白く感じました。

特に、中学生は興味深かった!男女で手を繋ぐところに、最初はえーっという反応になっていたけど、「こーゆう時はちゃんとやろうよ!」という声が上がったり、始めは全然うまくできなかったチームで取り組むダンスが、最後には踊れるようになった時の盛り上がりは、体育館が爆発するくらいの半端ないパワーでした!本当はもう少しスムーズに進行する予定でしたが、結果的にチームで協力する楽しさに繋がったので、良かったと感じました。

また今回は、スクールキャストが各授業に10人くらい駆けつけてくれたので、2日間一緒になって成長できたと思います!

最初は、「生徒との距離感がわからない」、「どこまで、静かに!って注意したら良いのか」など、生徒への接し方が難しいという声がスクールキャストから上がりました。

次第に、「ダンスを踊る時と話を聞く時のメリハリを付けたい。でも、伸び伸び踊って、自由な発想を持って取り組んで欲しいから、静かにして!話聞いて!とは言いたくない。」という葛藤が生まれました。

授業毎に毎回振り返りを行い、「次はこうしてみよう、次ここはサポート入るね」など、即席のチームだからこそ、コミュニケーションを大切に授業にのぞみました。

そして、「子どもたちも自分たちも学びある楽しい時間作り」をモットーに雰囲気を作っていったところ、最後はちゃんとメリハリ出るようになりました!

ちゃんと想いを汲み取ってくれた生徒達に感謝します(^^)

スクールプロジェクトは、生徒たちに世界の面白さを体で感じてもらったり、表現するのって楽しい!って思ってもらえるようなワークを提供します。
そしてそれに加えて、スクールキャストやファシリテーターが学べるところがたくさんあるプログラムだなと改めて思いました!

興味がある人は、是非スクールプロジェクトへ!
春に向けて、沢山実施しています。
https://commonbeat.org/project/school/

今回東北では3回目のスクールプロジェクト!校長先生にあだ名で呼ばれるくらい学校と信頼関係を築き、現在PTA会長を務めているコモンビートメンバーや、新しくなった女川町役場で、コモンビートと地域を繋げているメンバーがいて、この時間があったんだなぁと思うと、胸が熱くなりました。

人と人を繋ぐって素敵だなぁ〜
ゆる〜くなが〜く続く、東北との繋がりに、大感謝(^^)

東北のみなさん、ありがとうございました!!

スクールファシリテーター
島林由香(ゆかちん)