「いかなる時でも、人間のなさねばならないことは、
世界の終焉が明日であっても、自分は今日、りんごの木を植えることだ」
By ゲオルギウ

どんな絶望的な時でも、明るい未来を望んで具体的な行動をとる、という意味だと思います。

6月は環境月間。
地球の資源を無駄遣いしている私たち。一人一人が、今日の行いを少しでも改めれば、未来は変わると信じてます。

身近な人や物に感謝して大事にすること、ゴミを減らす努力、節電や節水の工夫…

他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる!