ShinnosukeHonjo

 

小学校1年生と保育園年長の我が子と一緒に観たコモンビートの舞台。

ふと気が付くと、隣に座っていた娘が、涙を流している僕の顔をじーっと見つめていました。
彼女が初めて見た父親の涙でした。

舞台が終わってから、「お父さん、なんで泣いていたの?」と娘が聞いてきました。
しばらく「何で涙が流れたんだろう」と自問自答。

「あの人たちはさ、みんな朝起きて、仕事や学校に行って、家に帰って、お風呂に入って寝て、そして朝が来る。家族がいて、友達がいて…。それって幸せなことだよなぁ、って思ったら涙が出た。」
そんなふう答えましたが、娘は「ふーん、そうなんだ。」と不思議そうな表情でした。

コモンビートの舞台はミュージカルそのものも素晴らしいですが、僕が一番好きなのは、舞台に立っている人、舞台を支えている人の日常の風景が透けて見えてくる、ぐっと感じられるところです。

この10年間、コモンビートに関わったすべての人の日常に、そして明日に乾杯!

森のようちえんぴっぴ 保育者
本城慎之介

 

<コモンビートとの関係>

本城さまとは、コモンビート代表の中島が社会起業家を育成する活動の中で出会いました。
コモンビートが公演にファミリー招待をしていますが、軽井沢で幼稚園をされていることなどから御招待をさせていただいたところ、お子さまと共にご来場をいただきました。
子どもたちの多様性を高める活動などについても、何かこれから一緒に活動ができたらと思っています。

森のようちえんぴっぴ