i_rokawc_3.jpg18期の東京公演にて大活躍した
高校生ウェルカムスタッフ(通称:ウェルキャス)の様子を
マナクルスタッフ柴崎英(すぐる)がお送りします。

今回、芦花高校の生徒は奉仕活動のプログラムの一環として
コモンビート18期公演の会場誘導スタッフを務めてくれました。
最初こそコモンビートメンバーの勢いに
緊張していた(というか若干、引いていた)高校生達。
i_rokawc_2.jpg
しかーし、
コモンビートのTシャツを着て
特製腕章を身に付ければウェルキャスの仲間入りです。
出演するキャストとの対面では
なんとキャストからのサプライズプレゼントがありました。
一見すると単なるコカ・コーラ。
ただし、よく見るとラベルには「Roca Cola」の文字が。
キャストからの感謝の気持ちを込めて
芦花高校(ろかこうこう)の生徒一人一人にロカ・コーラをプレゼント。
その後は担当部署ごとのミーティング。
もちろん高校生たちも参加して行います。
i_rokawc_7.jpg
各メンバーの配置や動きなど
2000人の観客をスムーズに迎えるためにはどうすればいいのかを話し合っていきます。
自然と高校生達の眼差しも真剣なものに。
そこには大人と高校生という区別はなく、
1つのことをともにやり遂げようとする仲間達の姿がありました。
そして観客が来場し始めると
最初は気後れして大きな声が出せない高校生達。
しかし、周りのウェルキャスの元気のよさに刺激されて
次第に大きな声で誘導をするように!
i_rokawc_6.jpg i_rokawc_8.jpg
一生懸命に笑顔で誘導している高校生達を見て
私は心の中で「グッジョブ!」と歓声を上げていました。
誘導を全て終えて、
感想を聞くと「将来、キャストになりたい!」と言ってくれる高校生も。
今回のように大人と高校生の垣根を超えて
1つのものを創り上げようとする姿や雰囲気が
私にとっては非常に印象的でした。
ぜひ来年も高校生達と一緒に
ウェルキャスとやりたいと強く思いました。