i_manakul_110614_01.jpg
18期ミュージカルキャスト100人で6月18日(土)に小学校を訪問します。
最終ミーティングで当日の確認と、意識統一をしました。
18期緑大陸マナクルメイツの藤森啓子(Kei)がお送りします。

マナクルプロジェクトでは、6月18日(土)の一大プロジェクトにむけて準備中です。
なんと、コモンビートの18期ミュージカルキャスト100人で小学校を訪問します!
ミュージカルキャスト100人と、小学生100人でダンスやゲームを交えながら交流する1日になります。
本番4日前の今日、当日の確認と意識統一をしました。
コモンビートの活動は「社会を湧かす活動」をミッションとしています。
社会を作るのは人であり、未来の社会を作っていくのは今の子どもたち。
学校訪問で出会う子どもたちが、コモンビートの熱い大人に出会うことで衝撃を受けて、人生の可能性が広がるとしたらそれは未来の社会への貢献になるかもしれない。
というワクワクした気持ちをもって臨もう!という意識統一をしました。
i_manakul_110614_02.jpg i_manakul_110614_03.jpg
また、本番は、ミュージカルナンバーのうちの1曲「みんなで大騒ぎ」という歌をつかいます。
100人のキャストが、世界の様々なポーズをとりながら踊る、ファンの多い1曲です。
本番では、そのポーズを小学生と一緒に考えよう!という時間があるので、そのシュミレーションをしました。
子どもたちが飽きずに楽しめるよう、休憩をたくさん入れたりと工夫しました。
i_manakul_110614_04.jpg
本日は、来てくれる小学生に大陸色に分かれてもらうためのリボン作りと、当日の運営が議題。
遅い時間からの始まりだったので食べ物を持って集まるメンバーがたくさん!
きじちゃん→たこ焼き
うっちー→ケバブ
すぐる→スコーン
皆、すぐるが焼いてきてくれたスコーンを食べてエネルギー充填!
話し合いにも熱が入ります。
ありがとう、すぐる!
今日から君は「スコーン」に改名だ!(笑)
今から当日が楽しみです!
i_manakul_110614_05.jpg
★マナクルプロジェクトHPはこちら